ラグビーPRESSBACK NUMBER

南ア戦に衝撃を受けて銀行を辞め……。
中澤健宏がラグビーに帰ってきた。

posted2017/12/07 10:30

 
南ア戦に衝撃を受けて銀行を辞め……。中澤健宏がラグビーに帰ってきた。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

南アフリカ戦でジャパンが起こした奇跡が、1人の男の運命を変えた。中澤健宏はラグビーの神に気に入られているのだろうか。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 ラグビーの現場で取材を続けていると、幸福な再会というのがある。

 中澤健宏との再会もそうだった。

 初めて中澤のプレーを見たのは今から4年半前、2013年7月のことだった。秩父宮ラグビー場で、初の試みとして行われた「関東大学オールスターゲーム」で、ひとりの選手が話題をさらった。

「対抗戦選抜」チームに、Bグループからただひとり選ばれ、帝京大や早慶明のスター選手に混じって大暴れ。パワフルな突進からチャンスを作り、1トライ1ゴールを決めたのが立教大4年の中澤だった。

「Bグループにあんなすごいヤツがいたなんて、知らなかった。きょう一番のオドロキ、発見でした」

 そう言ったのはFLで出場し、MVPを受賞した金正奎(早大4年・現NTTコム)だった。一緒にプレーした対抗戦選抜の選手からも、対戦相手のリーグ戦オールスターの選手からも「びっくりしたよお!」的なコメントが聞かれた。

 対抗戦選抜のメンバーは、SHが流大(帝京大3年・現サントリー)、SOが小倉順平(早大3年・現NTTコム)、HOに坂手淳史(帝京大2年・現パナソニック)と、日本代表を支えることになる強者が並んでいたが、無名の背番号15はまったく負けない存在感を放っていた。

立教大4年の彼は、銀行への就職を決めていた。

 これだけの才能だ。きっとトップリーグのどこかへ行くんだろうな……、そう思いつつ話を聞いた記者に、4年生だった中澤は答えた。

「もう銀行に就職が決まっているんです。社会人として仕事をしっかりやりたいし、卒業後はクラブチームでプレーを続けます」

 そうか、勿体ないなあ……でも、ラグビーの神に気に入られたなら、きっと戻ってくるだろう。そんな気もした。

 そして中澤は戻ってきた。

【次ページ】 みずほ銀行を辞めたのは、南アフリカ戦を見たから。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
中澤健宏

ページトップ