ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー史上最高の司令塔に直撃。
ダン・カーター流、SNS活用術って?

posted2017/11/24 11:00

 
ラグビー史上最高の司令塔に直撃。ダン・カーター流、SNS活用術って?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

今回で4度目の来日になるダン・カーター。取材の数日後にはトップリーグ移籍の噂が流れたが果たして?

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 吉報は何の前触れもなく、突然やってくるから困ったものだ。

「急きょ、インタビューできるようになりましてね」と社内のYさん。対象はなにせ、“ラグビー史上最高のスタンドオフ”である。断る理由がない。で、いつですか?

「それが明後日なんですよ」

 まあいいや、まだ48時間ほど仕込みに使える。場所は「エスパス タグ・ホイヤー銀座」にて。で、取材トータルのお時間はどれほど?

「たぶん30分くらいですねえ」

 取材トータルの時間とは、インタビュー+写真撮影に費やせる時間のこと。仮にパパパッと5分で写真を撮ったとしても、残り25分。英語の通訳を介すから、実質、話ができるのは10分程度である。

 ……こみ入った話は無理だな。ラグビーの話をメインで聞くのは、早々にあきらめた。

 いやいや、世界に名だたるあのダン・カーターに取材できるっていうのに、ラグビーの話聞かないって、頭おかしいんじゃないか? と思われるかもしれないが、僕は女子のラグビー日本代表選手の記事を書くにあたって、その選手お手製のお弁当を食べるような人間である。いくら相手が世界一の司令塔とはいえ“普通”の原稿は書きたくないのだ。

ラグビー話するの、飽きてるだろうなと読んで……。

 カーターの来日スケジュールは4日間で、僕たちの取材が終わった後の夜、所属するラシン92に合流するためフランスへ戻るという。まさに強行軍だ。彼が来日していることはすでにいろんなニュースサイトが報じていて、日本という国・文化への感想や日本ラグビーについてもいろんなコメントを残している。

 いくら常人離れしたタフネスを誇るラガーマンでも、このスケジュールだとさすがにラグビーの話するの、飽きてるだろうな、というのが読みのひとつでもあった。カーター自身も同じことを何回も聞かれるのはイヤだろうし、繰り返し既出のコメントを聞いて記事にしても、面白くも何ともない。

 じゃあ何聞く? と、ネットで調べているうちに、あることに気付いた。

【次ページ】 インスタ、ツイッター、フェイスブックを次々更新。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ダン・カーター

ページトップ