“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

CB坂圭祐は174cmの小さな巨人。
湘南内定、遠藤航の後継になるか。

posted2017/11/23 07:00

 
CB坂圭祐は174cmの小さな巨人。湘南内定、遠藤航の後継になるか。<Number Web> photograph by Takahito Ando

順大では見事なキャプテンシーも発揮していた坂。ゆくゆくは湘南を背負う存在になるべく期待されている。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 彼には大きなコンプレックスがある。

「やっぱり誰もがDFラインの真ん中でプレーする僕を見て、『小さいな』と感じると思う」

 順天堂大学のCB坂圭祐の身長は174cm。

 CBとしてはかなり小さいと言って良いだろう。

 そんな彼だが、大学サッカー界屈指のCBであり、順大でキャプテンとしてチームを牽引した。今季は関東大学リーグを2位でフィニッシュして、12月のインカレ出場を決めている。今夏のユニバーシアード日本代表でも活躍して見事に優勝、金メダルを勝ち取っている。さらに、来季からJ1昇格予定の湘南ベルマーレ入りも内定しているのだ。

「僕としては……自分より身長が高いCBとでもプレーに差は無いと思っている。常に『競り勝つのが当たり前』という感覚でプレーしていますし」

 こう語る彼は、実際に空中戦を一切苦手としていないのだ。むしろ彼にとって得意分野であり、自分の武器でもあるとまで考えているのだ。

小さい頃から、落下点の予測は得意だった。

 キッカーの癖、タイミング、そのフォームなどで飛んで来るボールの種類を即時に判断し、落下地点を読み取り、滞空時間の長いジャンプでしっかりと額でボールをミートさせる――。

「背の高い他の選手を見ていても、きちんと予測してヘッドで競るタイプがあまりいなくて、身長のアドバンテージだけでプレーしている印象を受けたんです。だったら、予測とタイミングの能力をより鍛えれば、自分の生き残る道は十分にあると思いました。

 相手に先に跳ばれてしまうと身長が低い分だけ敵わなくなるので、相手より先に跳ぶことで空中で有利な状況で競るイメージを持ってやっています。そのためにも落下点を誰よりも早く読み取ることが大事なんです。小さい頃からそれが得意でしたし。

 僕は試合中に1本でも競り負けることがあると、『やっぱり小さいから』と言われてしまいますので、そこは意地でも負けたくないですね」

【次ページ】 「小さいのに勝っている」という物珍しさなのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
坂圭祐
湘南ベルマーレ
順天堂大学
浅野拓磨
田村翔太
遠藤航
四日市中央工業高校

ページトップ