欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

2度目のブンデス、2部レンタル……。
宇佐美貴史が今、考えていること。

posted2017/11/21 11:00

 
2度目のブンデス、2部レンタル……。宇佐美貴史が今、考えていること。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

10月30日、ボーフム戦での宇佐美。攻守ともに奔走していた彼だが、まだまだ本領発揮とはいかないようだ。

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph by

Bongarts/Getty Images

 もがいていた。

「クリアにしていきたいですね、もっと頭を」

 凍てつく寒さが瞬時に沸騰したシーソーゲームに、参戦できなかった宇佐美貴史。胸の奥から言葉を吐き出した。

 2017年2月、枯れ木のシルエットが冬の大地を覆い尽くしていた頃――。

 2月5日、ベルダー・ブレーメンを迎え撃ったFCアウクスブルクは、守備を免除された敵の2トップ=マックス・クルーゼとセルジュ・ニャブリに手を焼きながら、ようやく3-2で勝ち切った。

 勝ち星を手繰り寄せたのは、後半のアディショナルタイムのこと。エースFWラウル・ボバディーヤの一撃に、WWKアレナは、我を忘れて歓喜に酔いしれた。

 熱に浮かれたゲームの傍で、背番号39はピッチの脇で体を温め、向こう側を眺めるだけだった。マヌエル・バウム監督から声が掛かる気配はない。

 出番は、最後まで訪れなかった。

2度目のブンデス挑戦も、ずっと不遇だった宇佐美。

 翌日、勝利の余韻が残る練習場――。

 サブ組でトレーニングを終えた宇佐美は、「原点」を強調した。

「昨日、頭の中をクリアにするって言ったのは、もう本当に原点に立ち返る、一回。いろんなやることも多いですけど、それ考えるのも大事ですけど、一回、原点に帰るところじゃないか、みたいな意味で言ったんです」

 '16年の夏、2度目のブンデスリーガに挑んでいた宇佐美だったが、半年を経てなお、ポジションを確保できていなかった。

【次ページ】 守備的な要素があまりにも多すぎて、仕掛けられない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
宇佐美貴史
アウクスブルク
デュッセルドルフ
バイエルン

ページトップ