リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

レアルと“BBC”がリーガで機能不全。
ロナウド&ベンゼマ不振の原因は。

posted2017/11/23 08:00

 
レアルと“BBC”がリーガで機能不全。ロナウド&ベンゼマ不振の原因は。<Number Web> photograph by Getty Images

CLアポエル戦では復調のゴールを決めたロナウドとベンゼマ。リーガでも得点を量産して雑音を封じられるか。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 11月も下旬に入り、リーガは序盤を終えようとしているが、優勝候補筆頭と見られていたレアル・マドリーの調子が一向に上がらない。

 12節終了時の順位はバルセロナが首位で、バレンシアが2位。それからマドリー、アトレティコ・マドリーと続くが、1位と3位の間には早くも10ポイントもの差ができている。先はまだ長いとはいえ過去のデータからすると、逆転はかなり難しいだろう。

 マドリーがなかなか波に乗れない理由は、まずケガだ。

 開幕から故障者リストに一度でも名を連ねた選手は23人中11人。特にディフェンダーの戦線離脱が多く、守備の要であるセンターバックが安定しない。加えてサイドバックのサポート、中盤のボールコントロールも堅実さと円滑さを失った。2つ目の黒星がついたリーガ第10節・ジローナ戦、CLトッテナム戦で起きた中盤でのターンオーバー数はそれぞれ40回、37回もの回数に及んだ。

 とはいえ、そんな状態であっても勝ってしまうのが'10年以降のマドリーだった。中盤のゲーム支配力が弱かろうと、ディフェンスラインがちぐはぐであろうと、前線のベンゼマとC・ロナウドがチャンスをモノにしてきたからだ。

ロナウドが放ったシュートは55本、決まったのは1本。

 ところが、今シーズンはその2人に全くといっていいほど当たりがない。

 C・ロナウドはこれまでと変わらぬ姿勢でゴールを狙っており、12節までに出場した8試合720分間で55本ものシュートを放っている(枠内へ飛んだのは15本)。1試合平均シュート数6.9はメッシを抑えて現在ランキング1位だ。が、決まったのはわずかに1本。

「ゴールの数だけで自分をジャッジしないでくれ」と先日レキップ誌上で不満を口にしたC・ロナウドだが、彼はマドリーの歴代最多得点者であり、得点力こそが彼の最大の魅力である。ファンが期待するのも当然ゴールだ。

 ちなみに1試合平均6本のシュートを放つメッシは12試合で12ゴール。得点ランキング2位につけているバレンシアのザザは、負傷離脱したとはいえ11試合で計25本のシュートを放ち、9ゴールを決めている。

【次ページ】 ベンゼマへの非難の指笛を本人が気にしている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
リーガ・エスパニョーラ
クリスティアーノ・ロナウド
カリム・ベンゼマ
ギャレス・ベイル
イスコ
ジネディーヌ・ジダン
レアル・マドリー

ページトップ