フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の不在を痛感したNHK杯。
日本勢が17年ぶりにメダルを逃す。

posted2017/11/14 11:00

 
羽生結弦の不在を痛感したNHK杯。日本勢が17年ぶりにメダルを逃す。<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

怪我というアクシデントは防ぎようがない。平昌五輪へ向けて、羽生自身との新たな戦いが始まる。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Naoki Nishimura/AFLO SPORT

 11月12日に終了した、GPシリーズ第4戦目のNHK杯。何という、波乱に満ちた大会になったことか。

 パトリック・チャン、村上大介と表彰台候補だったトップ選手が次々と欠場を表明。そして当然連覇が期待されていた羽生結弦が前日の公式練習で負傷し、右足首と膝を傷めて棄権というショッキングな展開になった。

 SP前日の11月9日、羽生は公式練習中に挑んだ4ルッツの着氷で、右足を変な角度でつき、バランスを崩して開脚に近い姿勢で転倒した。数秒間立ち上がらず、その後リンクからいったん上がって、数分後に戻ってくると曲かけは上半身のみで演技をし、すぐに氷を上がった。

 翌日、日本スケート連盟の小林強化部長は、本人はSPに出るつもりで療養中と記者たちに語ったが、その後棄権の発表があった。診断名は、右足関節外側靭帯損傷。聞くところによると前日から微熱があり、かなり体調が悪い中をおして出てきた公式練習だったという。

着氷する右足は、これまでも何度も傷めてきていた。

 3年前には中国杯で直前に他の選手との衝突事故にあいながらも、出場を決行した羽生のこと。たとえ体調不良でも、自国のファンたちが大勢集まり、まして自国開催のGPファイナル進出がかかっているこの大会で、本人は絶対に良い演技を見せて優勝したかったのに違いない。

 着氷する右足は、これまでも何度も傷めてきていた。

 オータムクラシックでは右膝の違和感で、4ループを回避している。だが4サルコウに難易度を落としたSPで、歴代最高スコアを更新。それでも自分にできる最大限に挑み続けないと、納得できないのが羽生結弦という選手である。

【次ページ】 全日本選手権には間に合う見込み、との発表が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
羽生結弦
パトリック・チャン
セルゲイ・ボロノフ
エフゲニア・メドベデワ
宮原知子
平昌五輪
オリンピック
NHK杯フィギュア

ページトップ