マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「妄想ひとりドラフト」5~10位編!
まだまだ残る逸材、目移りと陶酔感。

posted2017/11/08 07:00

 
「妄想ひとりドラフト」5~10位編!まだまだ残る逸材、目移りと陶酔感。<Number Web> photograph by Kyodo News

“清宮キラー”のイメージが強い日大三・桜井だが、バットを振らせても抜群の潜在能力を感じさせる。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ドラフト時期、私にとっての毎年の楽しみである「妄想ドラフト」、1位から4位までは決まった。

1位・中村奨成:捕手・18歳・広陵高
2位・石川翔:投手・17歳・青藍泰斗高
3位・増田珠:外野手・18歳・横浜高
4位・本田仁海:投手・18歳・星槎国際高湘南

 どうだ! ほれぼれするような将来性の塊集団ではないか。

「妄想ドラフト」には、この思いっきり手前味噌な“陶酔感”が大切だ。指名した自分が惚れないでどうする。そんな高揚感が5位以降の指名へのエネルギーとなるのだ。

 ここからは、一気にいこう。

 前回、5位に欲しい選手が4人も5人もいる……という話をした。その4、5人を挙げてしまうと、こうなる。

 遠藤淳志:投手・18歳・霞ヶ浦高(広島指名)
 谷川昌希:投手・25歳・九州三菱自動車(阪神指名)
 與座海人:投手・22歳・岐阜経済大(西武指名)
 桜井周斗:投手・18歳・日大三高(DeNA指名)
 金久保優斗:投手・17歳・東海大市原望洋高(ヤクルト指名)
 ※ 実際の指名順による

 本当は、日本ハムが指名した北浦竜次(投手・白鴎大足利高)だって、ウチがまだ獲っていないサウスポーだけに仲間に入れたかったのだが、それじゃキリがない。

そろそろ即戦力が1枚ほしいかな……とも思う。

 目移り……これも「妄想ドラフト」の妙味のひとつだ。

 1位から4位、高校生ばかりが並んだ。私も、バランスをとることで安心する日本人の端くれだ。そろそろ即戦力が1枚ほしいかな、と思う。ならば、谷川だ。無名でも実戦力は間違いない。

 アンダーハンドの與座海人……右のオーバーハンド2人が指名済みだから、ここに変則派は十分に“あり”だ。130キロ前半でも打者が振り遅れる魔球とシンカーは、西武・牧田和久の緩急につながる。遠藤、金久保の将来性だってなんとも捨てがたい。フォームに我流の変なクセがないのが財産だ。

【次ページ】 さんざん迷った5位は日大三・桜井を“外野手”で。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
桜井周斗
西浦颯大
松本直樹
村上海斗
楠本泰史
井手亮太郎
佐々木健
ドラフト会議

ページトップ