フランス・フットボール通信BACK NUMBER

イブラ、ネイマールが一目置く男、
カバーニがPSGで布教する“謙虚さ”。

posted2017/11/06 17:00

 
イブラ、ネイマールが一目置く男、カバーニがPSGで布教する“謙虚さ”。<Number Web> photograph by Alexis Reau/L'equipe

カバーニが大事にしている“謙虚さ”。ピッチから離れた彼は、非常に穏やかで思慮深く、家族思いの男であった。

text by

フランス・フットボール編集部

フランス・フットボール編集部France Football

PROFILE

photograph by

Alexis Reau/L'equipe

 エディンソン・カバーニがナポリからパリ・サンジェルマンに移籍して、すでに4シーズンが過ぎた。当初はイブラヒモビッチを、今はネイマールを支える黒子的な役割を担うカバーニだが、「影の男」と呼ばれながらもそのチームへの献身と得点力の高さでたしかな存在感を示し続けている。

『フランス・フットボール』誌10月24日発売号は、11月2日にフランスで刊行されたカバーニの伝記『エル・マタドール・カバーニ』(ロマン・モリーナ著、ウーゴ・スポール社)を一足先に紹介している。

 関係者が語るエピソードと、カバーニ自身の言葉から浮かびあがってくる真の姿とは……。さわりだけからも、実像は十分に伝わって来る。

監修:田村修一

入団テストで溝にはまった男。

 伝記の中では、エディンソン・カバーニの過去が様々な人によって語られている。

 頓挫した最初のヨーロッパ移籍の試み、ナポリでの襲撃事件、宿無しの若者への援助、パリ・サンジェルマンのロッカールームでの教訓、そしてサッカーという仕事の難しさ……。以下はその要約である。

「彼の最初のトライアルのことは完璧に覚えている。

 ダヌビオ(ウルグアイリーグのクラブ)が定期的に行なっている入団テストで多くの若者が集まった。あるシーンで、彼はヘディングでボールを捉えようとしたが失敗して、ゴールの後ろの小さな溝にはまってしまったんだ。

 その数秒後、彼は猛然と走りだしてボールを追いかけた。まるで闘牛の牛のようだったよ」(ダルド・ペレス、ダヌビオの育成コーチ)

【次ページ】 数時間で明暗が分かれたオランダ移籍の失敗。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
パリ・サンジェルマン
PSG
ズラタン・イブラヒモビッチ
レアル・マドリー
エディンソン・カバーニ

ページトップ