フランス・フットボール通信 

バルサだけでなくセレソンでも最強!ネイマール率いる代表版“3本の矢”。

バルサだけでなくセレソンでも最強!
ネイマール率いる代表版“3本の矢”。

フランス・フットボール通信

6月13日発売の『フランス・フットボール』誌は、ブラジル代表にページを割いている。チッチ監督のもと復活を遂げ、ロシア・ワールドカップ予選突破第1号となったブラジル代表を、これから継続的に取り上げていくとい…続きを読む

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

2017/06/27

女子のCL決勝は2年連続PK戦決着。仏代表・守護神ブアディの意地。

フランス・フットボール通信

女子のCL決勝は2年連続PK戦決着。
仏代表・守護神ブアディの意地。

時間を少し遡るが、男子と同じくウェールズのカーディフでおこなわれた今年のUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝、初のフランス勢… 続きを読む

トマ・シモンThomas Simon

2017/06/20

“エル・ロコ”ビエルサが変わった?リールの監督就任騒動と、その後。

フランス・フットボール通信

“エル・ロコ”ビエルサが変わった?
リールの監督就任騒動と、その後。

マルセロ・ビエルサが、フランス・リーグアンのリール監督に来季就任することを、皆さんはご存じだろうか。彼自身にしか理解でき… 続きを読む

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

2017/06/19

“華麗なベルギーサッカー”は絶滅!?リーグ優勝クラブに見る最新事情。

フランス・フットボール通信

“華麗なベルギーサッカー”は絶滅!?
リーグ優勝クラブに見る最新事情。

ボスマン裁定(1995年)によるヨーロッパサッカーの自由化(選手の移動の自由)の波に乗り遅れ、久しく低迷が続いたベルギーは、… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

2017/06/01

ネイマールの異常すぎる取材状況。仏雑誌が載せた辛辣な“メイキング”。

フランス・フットボール通信

ネイマールの異常すぎる取材状況。
仏雑誌が載せた辛辣な“メイキング”。

『フランス・フットボール』誌5月16日発売号に掲載されたネイマールインタビューはかなり異様である。 続きを読む

フローラン・トルシュFlorent Torchut

2017/05/25

10度のクラブ昇格を実現した魔術師。ポルトガルの名将、オリベイラの人生。

フランス・フットボール通信

10度のクラブ昇格を実現した魔術師。
ポルトガルの名将、オリベイラの人生。

小林伸二や石崎信弘、反町康治……。日本にも、昇格請負人の異名をもつ職人的な資質の優れた監督たちがいる。だが、世界は広いと… 続きを読む

ニコラス・ビラスNicolas Vilas

2017/05/23

世界で最もセレブな街のサッカー事情。ASモナコの躍進と、その国民の悲願。

フランス・フットボール通信

世界で最もセレブな街のサッカー事情。
ASモナコの躍進と、その国民の悲願。

『フランス・フットボール』誌の5月2日号では、オリビエ・ボサール記者がモナコ公国のサッカー事情をレポートしている。 続きを読む

オリビエ・ボサールOlivier Bossard

2017/05/15

コンテの遺産を捨て去ったアッレグリ。ユーベの“マッドマックス革命”とは?

フランス・フットボール通信

コンテの遺産を捨て去ったアッレグリ。
ユーベの“マッドマックス革命”とは?

『フランス・フットボール』誌4月18日号では、翌日に迫っていたバルセロナ対ユベントスのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦(結… 続きを読む

トマ・シモンThomas Simon

2017/04/26

ストイチコフが語るネイマールの成熟。“ポストメッシ時代”はいつ来るか?

フランス・フットボール通信

ストイチコフが語るネイマールの成熟。
“ポストメッシ時代”はいつ来るか?

『フランス・フットボール』誌4月11日号の表紙はネイマールが飾っている。 続きを読む

フローラン・トルシュFlorent Torchut

2017/04/24

クライフを変えたダウン症の若者。その精神は、今も世界中で生き続ける。

フランス・フットボール通信

クライフを変えたダウン症の若者。
その精神は、今も世界中で生き続ける。

4月4日に発売されたフランス・フットボール誌の特集テーマは「クリエイター」である。エデン・アザールの独占インタビューをはじ… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

2017/04/13

スペイン代表の黄金時代も今や遠く――。ロペテギ現監督が考える次世代構想。

フランス・フットボール通信

スペイン代表の黄金時代も今や遠く――。
ロペテギ現監督が考える次世代構想。

3月28日発売の『フランス・フットボール』誌では、発売日におこなわれたスペインとの親善試合(スタッド・ド・フランス、0対2で… 続きを読む

フレデリック・エルメルFrederic Hermel

2017/04/06

現ブラジル代表監督は史上最高?大連勝でW杯の悪夢を払拭中。

フランス・フットボール通信

現ブラジル代表監督は史上最高?
大連勝でW杯の悪夢を払拭中。

フランス・フットボール誌3月21日号は、エリック・フロジオ記者によるチッチ・ブラジル代表監督のインタビューを掲載している。2… 続きを読む

エリック・フロジオEric Frosio

2017/03/30

アジア杯をTV観戦したら公開処刑。イスラム国がサッカーを禁じた日。

フランス・フットボール通信

アジア杯をTV観戦したら公開処刑。
イスラム国がサッカーを禁じた日。

3月14日発売の『フランス・フットボール』誌では、ジェレミー・ベルリオー記者が、イスラム国に占拠されていた地域のサッカーが… 続きを読む

ジェレミー・ベルリオーJeremie Berlioux

2017/03/23

ベンゲルが、こんなに嫌われてる!?辞任すべき理由を全部並べてみた。

フランス・フットボール通信

ベンゲルが、こんなに嫌われてる!?
辞任すべき理由を全部並べてみた。

フランス・フットボール誌が3月7日号からリニューアルを果たした。ヨーロッパ4大リーグやチャンピオンズリーグなど国際面がより… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

2017/03/16

優勝翌年に降格してしまうのか……。ラニエリ解任で激震、レスターの宿命。

フランス・フットボール通信

優勝翌年に降格してしまうのか……。
ラニエリ解任で激震、レスターの宿命。

クラウディオ・ラニエリ監督を解任したレスター・シティが、リバプールとハルシティ相手に2連勝してプレミアリーグの降格ゾーン… 続きを読む

ティエリー・マルシャン&フィリップ・オクレールThierry Marchand&Philippe Auclair

2017/03/08

マンチェスターの象徴は実はシティ!?グローバル化で荒む、サッカーの聖地。

フランス・フットボール通信

マンチェスターの象徴は実はシティ!?
グローバル化で荒む、サッカーの聖地。

UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、マンチェスター・シティ対モナコ戦のプレヴューを兼ねて『フランス・フットボール』誌2… 続きを読む

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

2017/02/28

次世代サッカーの呼び声も今は昔。アフリカネーションズ杯の没落。

フランス・フットボール通信

次世代サッカーの呼び声も今は昔。
アフリカネーションズ杯の没落。

2月7日発売の『フランス・フットボール』誌は、カメルーンの5度目の優勝で2月5日に幕を閉じた第31回「アフリカネーションズカッ… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

2017/02/22

「情熱は衰えた」ある有名作家の告白。高齢化、中毒化するプレミアリーグ。

フランス・フットボール通信

「情熱は衰えた」ある有名作家の告白。
高齢化、中毒化するプレミアリーグ。

1月31日発売の『フランス・フットボール』誌は、プレミアリーグの停滞を巻末で特集している。清潔だが無味乾燥なスタジアム、そ… 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

2017/02/13

フランス2部の最優秀監督は女性!コリンヌ・ディアクル、不屈の魂。

フランス・フットボール通信

フランス2部の最優秀監督は女性!
コリンヌ・ディアクル、不屈の魂。

フランスのリーグ2には、恐らくヨーロッパのプロリーグでも唯一といえる女性監督がいるのをご存じだろうか。 続きを読む

フランク・シモンFrank Simon

2017/02/06

W杯が48カ国に増えることについて、世界最高のサッカー誌は、こう考える。

フランス・フットボール通信

W杯が48カ国に増えることについて、
世界最高のサッカー誌は、こう考える。

世界中に大きな波紋を呼び、賛否両論の議論を巻き起こしたFIFAのワールドカップ48カ国拡大決定。日本でも大々的に報じられたが、… 続きを読む

エリック・シャンペルEric Champel

2017/02/01

ページトップ