メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

楽天の伝説からヤンキースの伝説へ……。
田中将大、世界一まであと少し!

posted2017/10/20 11:35

 
楽天の伝説からヤンキースの伝説へ……。田中将大、世界一まであと少し!<Number Web> photograph by MLB Photos via Getty Images

アストロズと2勝2敗で迎えた重要な試合で圧巻の投球を見せた田中。メディアやファンも含め、「田中こそヤンキースの真のエース」と絶賛の嵐となった。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

MLB Photos via Getty Images

 4度目の正直。

 過去3度の投げ合いで、田中将大が“すべて投げ負けてきた”2015年のサイヤング賞左腕、アストロズのダラス・カイケル(29歳)にようやく投げ勝った。

 リーグ優勝決定シリーズ第5戦、カイケルは5回途中4失点。田中より先に初めてマウンドを降りた。その一方で田中は7回、3安打、8三振、無失点。ワールドシリーズ進出へ王手をかける快投に彼は一瞬だけ表情を緩めた。

「今日は自分を褒めてあげたいとは思います。でも、これで終わりではないので」

 8年ぶり28度目の世界一の頂きに立つためにも、どうしても乗り越えなければいけない相手、それがカイケルだった。

これまで一度も越えられなかった壁、ダラス・カイケル。

 初めての対峙は'15年のワイルドカード戦。

 本拠地で迎えながら田中は5回2失点、カイケルは6回無失点。敗戦投手となった田中は唇を噛んで言った。

「相手のエースと投げ合って、先にマウンドを降りた時点で僕の負けです」

 2度目はその半年後。'16年開幕戦でふたりは2失点にまとめたが、カイケルが7回を投げ切ったのに対し、田中は6回を投げきれずにチームは敗戦。

 3度目は記憶に新しい10月13日のリーグ優勝決定シリーズ第1戦。カイケルが7回無失点で勝ち投手、田中は6回2失点で負け投手となった。

 過去3度、田中が試合を壊したことは一度もなかった。すべて及第点の投球をしながらも投げ負けた。

 何故なのか。

【次ページ】 「失投は1球もなかった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田中将大
ダラス・カイケル
ニューヨーク・ヤンキース
ヒューストン・アストロズ
ダルビッシュ有
東北楽天ゴールデンイーグルス
ワールドシリーズ

ページトップ