野ボール横丁BACK NUMBER

清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。
「早実-早大」から外れていく覚悟。

posted2017/09/22 18:15

 
清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。「早実-早大」から外れていく覚悟。<Number Web> photograph by Shiroh Miyake

プロ志望をついに口にした清宮。多くの球団がドラフト1位指名を検討する模様だ。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Shiroh Miyake

 12時36分。

 この日の主役が、早稲田実業の小室哲哉記念ホールの壇上に上がった。途端、途切れることなくフラッシュがたかれる。

 集まった報道陣の数は130人。

 白いワイシャツの袖をたくし上げた姿で登場した清宮幸太郎は、右手でマイクを握りしめ、口を開いた。

「わたくし、清宮幸太郎は……」

 そう言ってから、たっぷり間を取る。その間、3秒。

 次に発する言葉は、「プ」か「ワ」か――。

「……プロ野球志望届を提出することに決めました」

 ここまで聞き終え、ようやくプロ志望であることを確信できた。

大学進学が既定路線、とあきらめムードだったが。

 清宮は、大学進学が既定路線――。

 スカウトの間では、そんなあきらめにも似たムードが漂っていた。

「早稲田大学でラグビーをやるつもりで早実(の初等部)に入った」という清宮にとって、そもそも早大進学は大前提だった。父の克幸も早大ラグビー部でプレーし、監督まで務めた。その後を追うのが、もっとも自然だった。

 それだけではない。今の早実は、ほぼ100%早大に進学できる。清宮ほどの選手であっても、「早実-早大」という黄金ルートから外れるには、それなりに思い切りが必要だったはずだ。

 高校からプロへ行くような選手は、普通、進路を聞かれたら、つい「プロに行きたいです」と口走ってしまうものだ。しかし清宮は在学中、ただの一度も「プロ志望」を口にしたことがなかった。

【次ページ】 「大学行っても木製バットなんで」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
早稲田実業高校
清宮克幸
早稲田大学
ドラフト会議

ページトップ