プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

もっとスーパースターになってやる。
“次期WWE王者”中邑真輔の新世界。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/09/19 17:00

もっとスーパースターになってやる。“次期WWE王者”中邑真輔の新世界。<Number Web> photograph by Essei Hara

中邑が日本で築き上げてきた心技体のそのすべてが、全米で高い評価を受けている。中邑の米国メジャー団体制覇の野望、なるか?

日本とアメリカ――同世代の選手には親近感がある。

 8月1日にクリーブランドでWWEの顔であるジョン・シナに勝った。

 8月20日にはニューヨークでの「サマースラム」で、初めてマハルのWWE王座に挑んだ。王座奪取こそならなかったが、中邑は止まらなかった。

 “ザ・ライジング・サン”の勢いは、ド派手な入場とともに加速していった。

 9月5日にはスーフォールズで、ランディ・オートンを倒して、再度マハルへの挑戦権を手に入れた。

「同世代、この世界をけん引してきた仲間がいる。自分は日本で、彼らはアメリカでやってきた。ある程度の親近感がある。シナとオートンには、レスラーとして通じ合うものを感じることができた。だけれど、シナとオートンに勝って、浮き足だったらいけない。自分にとってはこれが普通なのだ」

 中邑は自分に言い聞かせるように語った。

「失敗もあったけれど」

 と、思い出したようにふと口にした。まあ……それはプロレスに限らず、人生にはつきものだからおいておこう。

「タイトルをとれば、スマックダウンの顔として認められる存在になれる。だからこそ、戦いがいがあるし、それに勝たなくてはいけない。WWEにはまだ戦っていないレスラーが多くいるし、スマックダウンの中にもいる」

高山さんは「必ず帰ってくると信じています」。

 中邑は頸髄完全損傷という大けがと戦っている高山善廣にもエールを送った。2人は2004年と2010年に新日本プロレスの1.4東京ドーム大会で戦っている。

「高山さんは、自分がレスラーとして育っていく過程で、たたき上げてくれた同志。その高山さんが戦っているので、自分も高山さんのためにできることをしたい。一度、地獄の縁から帰ってきたレスラーなので、必ず帰ってくると信じています」

【次ページ】 「もっともっとスーパースターになって帰って来る」

BACK 1 2 3 4 NEXT
中邑真輔
WWE
ジンダー・マハル
ブルーノ・サンマルチノ
ハルク・ホーガン
ジャイアント馬場
アントニオ猪木
坂口征二
藤波辰爾
ボブ・バックランド

ページトップ