酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

板東英二って実は凄い球児だった。
16回完投の2日後、延長25回完投。

posted2017/07/23 09:00

 
板東英二って実は凄い球児だった。16回完投の2日後、延長25回完投。<Number Web> photograph by Kyodo News

近年はゆで卵のイメージが強すぎるが、板東英二という人は日本野球界に一石を投じる役割を果たしていたのである。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 甲子園の予選である各都道府県の地方大会が始まった。早稲田実業の清宮幸太郎など、今年も話題満載だ。

 高校野球は現在、延長15回で引き分け再試合になる。かつてはそういう規定がなくて、1933年の明石中(当時は中等学校)、中京商戦のように延長25回という試合もあった。

 引き分け再試合となる制度が導入されるきっかけに、ある有名な野球人、というか芸能人がからんでいることをご存じだろうか。

 ときは1958年4月、野球王国・四国に1人の豪腕投手が表れたのだった。その名は徳島商業高校の板東英二だ。

延長16回を投げたのち、中1日で延長25回を完投。

 3年生の板東は、四国の春季大会で圧倒的な力量を示して勝ち進んでいた。

<徳島県高校野球春季大会>
・2回戦  徳島商 3-0 徳島農
・準々決勝 徳島商 11-0 脇町(8回コールド)
・準決勝  徳島商 7-0 小松島
・決勝   徳島商 2-1 海南(延長12回)

<四国地区高校野球春季大会>
・1回戦 徳島商 2-1 高知商(延長16回)
・決勝 高松商 2-0 徳島商(延長25回)

 板東はひとりで徳島県大会の38イニングを投げぬき、自責点1の好投を見せた。四国大会でも板東は中1日で合計41イニングを投げた。決勝戦では高松商の石川陽造(のち東映)も1人で25回を投げ、25回表に板東が2失点して決着がついた。

【次ページ】 板東らの投げすぎを、高野連も問題視した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
板東英二
中日ドラゴンズ
星野仙一
鈴木孝政
岩瀬仁紀
徳島商業高校
甲子園

ページトップ