欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

武藤嘉紀は“もやもや”してる?
「圧倒的な存在感? 間違いない」

posted2017/07/20 10:30

 
武藤嘉紀は“もやもや”してる?「圧倒的な存在感? 間違いない」<Number Web> photograph by AFLO

ドイツでの武藤嘉紀の溶け込み方、人気の度合いは、日本から想像する以上のものがある。あとは1年通して活躍するだけだ。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

AFLO

 さぞかし、もやもやしているのではないか。今年に入ってからの武藤嘉紀をめぐる状況を見ていると、そう思うことが少なくない。

 マインツでの2シーズン目となった昨季、右膝負傷からの復帰を期したが序盤で再び負傷。ようやく復帰したのは2017年に入って最初の試合、ケルン戦だった。そこからは9試合で先発5試合、途中出場3試合、ベンチ入りしつつ出場なしが1試合。満足とはいえないかもしれないが、それでも、チームに貢献し必要な戦力とされていることは確かだった。

 だがドイツ国内での評価や、取材現場の温度とは反して、日本代表の3月シリーズに招集されず。

 当時は心底悔しい表情をしつつ、「プロに入ってから初めて(キャリア)ダウン。でもここで代表に選ばれたら自分がイヤだし。這い上がってやるという気持ちです」と強気な闘争心を見せた。

「えー、俺も旅行でもしてみようかなー」

 ふと、「代表期間中のオフの間に旅行でもしてみたら?」と提案してみた。大迫勇也がかつて代表招集されていなかった間に、欧州中を家族と旅行し「それはそれで充実していた」と笑顔で振り返っていたことを思い出したからだった。すると、武藤は少し脱力しこう答えた。

「えー、俺も旅行でもしてみようかなー」

 苦笑いではあるが、少し表情が緩んだように見えた。

 4月以降、つまり第26節以降の9試合はフル出場4試合、先発し終了間際の交代1試合、途中出場3試合、出場なしが1試合。負けはしたが強豪ライプツィヒから1得点し、合計3得点挙げている。

 それでも、日本代表6月ラウンドの招集もなし。日頃の所属クラブでの活躍こそが代表選出の条件のはずなのにと、さぞもやもやしているのではと想像してしまうのだ。

【次ページ】 プレシーズンから、異様に厳しい練習生活。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武藤嘉紀
ヴァイッド・ハリルホジッチ
マインツ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ