eスポーツは黒船となるかBACK NUMBER

プロゲーマーが日の丸を背負う時代。
LoLトップ選手と“ゲームの代表戦”。 

text by

八木葱

八木葱Negi Yagi

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/07/02 08:00

プロゲーマーが日の丸を背負う時代。LoLトップ選手と“ゲームの代表戦”。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

日本代表として戦うことになる(左から)YutoriMoyasi、Enty、Paz。日本人が国際舞台を経験することは、eスポーツ界にとっても価値あるものとなる。

お隣の世界最強国、韓国との関係性について。

 今でこそだいぶ変わってきたが、プロゲーマーというと、ゲームをしてお金をもらう気楽な人、という偏見もいまだにある。ただ彼らに直接話を聞いてみると、想像以上に日本のeスポーツ全体のことや、仲間のことを考えていることに驚かされる。

 とりわけ印象的だったのは、お隣の世界最強国、韓国との関係性についてだ。

YutoriMoyasi「日本は韓国人の選手やコーチが多くて、練習試合をすることも多いし、戦術の流行りも似てる。ほかの国もそれぞれ色があるけど、僕らは日本人のクセを理解して、それをチームのスタイルに反映するのが大事だと思う」

Enty「プロ選手は韓国に接続して練習することが多いんだけど、僕自身は、練習も日本でやった方がいいと思ってるんですよ。日本の一般のプレーヤーも、プロと対戦したい人がいるはずだし、一時的に日本のレベルは下がっても、今後の競技人口を増やすためには必要なことじゃないかなって」

Paz「うちのチームもコーチは韓国人で、やっぱりすごく勉強になるんですよ。レベルの差を考えると今すぐ世界のトップに勝つのは難しいけど、まずは存在を認めさせたいですよね」

 トップとの距離を計りながら、地理的な恩恵を最大限生かしながら、彼らもまた日本を背負って戦っているのだ。

 世界に、そして何より国内にeスポーツを広めるために、「日本代表」というのは大きなきっかけになりえる。日本中がeスポーツの試合に注目する時代は、今どこまで来ているのだろうか。

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ