マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

源田壮亮は即戦力だとあれほど……。
開幕前にうなだれていた時の思い出。

posted2017/06/02 07:00

 
源田壮亮は即戦力だとあれほど……。開幕前にうなだれていた時の思い出。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武ライオンズにとってショートは懸案の課題だった。その席にぴったりハマった源田壮亮、もはや地味とも呼べない存在感だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2016年のドラフト会議はすごかった。

 創価大・田中正義(ソフトバンク1位)、明治大・柳裕也(中日1位)に、履正社高・寺島成輝(ヤクルト1位)、作新学院・今井達也(西武1位)、横浜高・藤平尚真(楽天1位)……。

 1位候補の剛腕、快腕がゴロゴロ居並び、野手だって、中京学院大・吉川尚輝(巨人1位)に日本大・京田陽太(中日2位)。華麗さと堅実さ、それぞれ個性の異なるフィールディングと快足を武器にする遊撃手がいて、ここまで人材濃厚な年は珍しいほどのドラフトだった。

ドラフト前、即戦力間違いなしと推していたが……。

 そんな中で、さあ今年はどんなメンバーが名前を読み上げられるんだ! と“予想”を頼まれた時、必ず挙げていた名前があった。

 トヨタ自動車・遊撃手・源田壮亮。

「今年は将来性を期待できる選手、即戦力を期待できる選手、どちらも何人もいますけど、その中で、即戦力間違いなしといえるのは、このショートですね」

 “内野手”なんて、あいまいな言い方はしなかった。間違いなく、遊撃手として勝負できるフィールディング技術。ベースランニングだって、すでにもう十分プロのレベルに達していた。

「ショートとしての守備力は、今の段階ですでにプロのトップレベルですね」

 トップレベルだと思います……そんなあいまいな言い方もせず、トップレベルと言い切ったのに、いつも聞き手の方にポカンとされてしまった。

 そうは言っても、やっぱり京田、吉川でしょ……。

 新聞の活字の大きいほうに話を逸らされてしまうこともあって、私は“イチ押し・源田壮亮”のことをじっくり話す機会もなくドラフトを迎えることになった。

 事前の新聞報道の通り、1位で吉川尚輝、2位で京田陽太が指名された後の西武・3位。

 前評判からすれば順当な位置なのかもしれないが、こんなもんじゃないよ……、私の中にはずっと“欠乏感”のようなものがフツフツとしていたものだ。

【次ページ】 いちばん自信があった守備を直されてガックリ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
源田壮亮
埼玉西武ライオンズ

ページトップ