スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

美女アン・シネ効果だけではない!
女子ゴルフブームはなぜ続くのか。

posted2017/05/13 09:00

 
美女アン・シネ効果だけではない!女子ゴルフブームはなぜ続くのか。<Number Web> photograph by Getty Images

華やかなファッションでコースを回るアン・シネ。今回のブームは彼女に日本ツアーに参戦したいと思わせた環境があったからこそだ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 女子プロゴルフツアーの勢いが、止まらない。

 5月4日から7日まで行われた今季の国内メジャー第1戦、「ワールドレディースチャンピオンシップ・サロンパスカップ」は茨城ゴルフ倶楽部西コースで開かれ、キム・ハヌル(韓国・28歳)が2週連続で優勝したが、4日間のギャラリーの数は41484人を記録。この数字は大会史上最多となった。

 メディアでは優勝争いよりも「セクシー・クイーン」、日本のツアー初参戦となったアン・シネ(韓国・26歳)の話題で持ち切り。今週末に福岡で開かれている「ほけんの窓口レディース」にも彼女はプレー予定で、福岡でも大きな話題を呼びそうだ。

 アン・シネの存在が「ワールドレディースチャンピオンシップ・サロンパスカップ」の動員にひと役買ったのは間違いないが、そればかりに目を奪われてはいけない。

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が、長い時間をかけて支持層を獲得、拡大してきたことを忘れてはならない。

LPGAは「ホスピタリティ」に力を入れてきた。

 この活況にLPGAの小林浩美会長も顔をほころばせるが、要因をこう分析している。

「選手たちがいい仕事をしてくれています。いいプレーをして、面白い試合をお見せする。それだけでなく、私たちが力を入れてきたのは、『ホスピタリティ』です。トーナメントに先立って『プロ・アマ』を開催するわけですが、おかげさまで、皆様に高い評価をいただいています」

 小林会長は、選手たちのマナー向上に気を配ってきた。

「プロになる実力の持ち主は、裏を返せばゴルフに没頭してきたということです。高校を卒業してすぐだと、大人としてのマナーは身に付いていませんよね。だから、私たちは元キャビンアテンダントの方をお招きして、『マナー講座』を選手たちに向けて開いてきました。そうした積み重ねがホスピタリティにつながってきたのかな、と」

【次ページ】 スポンサーが続々名乗りを上げ、うれしい悲鳴も。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
キム・ハヌル
アン・シネ
イ・ボミ
小林浩美
アン・シネ
イ・ボミ
宮里藍
畑岡奈紗
新垣比菜

ページトップ