ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹も米トップ選手も憧れた。
宮里藍という、最高のロールモデル。

posted2017/06/01 08:00

 
松山英樹も米トップ選手も憧れた。宮里藍という、最高のロールモデル。<Number Web> photograph by AFLO

引退会見では目に光るものを溜めながらも笑みを浮かべていた宮里藍。その優しさと芯の強さが、彼女の魅力である。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

「藍ちゃんだ、藍ちゃん!」

 松山英樹が発した無邪気な声を今も覚えている。

 2014年6月、ノースカロライナ州のパインハーストを舞台にした全米オープンは、史上初めて男女が2週にわたって同じ会場で行われた。先に開催された男子大会を終えた松山は翌週も当地に残り、全米女子オープンの初日に日本選手の応援に駆け付けていた。

 宮里藍が17番ホールをプレーしていた時のこと。パー3のグリーンを取り囲む、大きな傾斜を持ったフェアウェイからパターでアプローチをした彼女を見て、思わずうなった。

「あそこで迷わずパターを握る判断がすごいなあ……」

 松山は青いフレームのサングラス越しに嬉々としていた。

「藍さん」でもなく、「藍先輩」でもなく、「藍ちゃん」を観て。

 当時すでに活躍の場を海外に広げていた彼も、宮里藍のビッグファンのひとりだった。

宮里藍の登場後、日本女子ツアーはブームとなった。

 あれから3年。宮里が今シーズン限りでの引退を電撃発表した。

 アマチュアとして出場した高校3年生時のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンから日本ツアーで15勝(プロ14勝)。米ツアーに主戦場を移して通算9勝。2010年には世界ランキング1位に立った。

 プロ転向前の2003年、日本女子ツアーの1試合あたりの平均来場者数は9383人だった。宮里のプロ1年目、5勝を挙げた'04年は1万908人とわずかな伸びだったが、その翌年に試合が前年比2試合増の33試合となり、平均来場者数は1万5808人と約1.5倍に膨れ上がった。盟友・横峯さくらがシード1年目で2勝を挙げた'05年のことだった。

 以降は2009年の1万7794人を最高値として、平均1万4000人前後で推移。今年は5月の中京テレビ・ブリヂストンレディスまでに平均1万7500人を記録している(日本ゴルフトーナメント振興協会のデータによる)。

【次ページ】 中継用のカメラ、記者も注目選手に張りつくように。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
宮里藍
横峯さくら
野村敏京
畑岡奈紗

ページトップ