日々是バスケBACK NUMBER

今季NBAで最高の選手は誰なのか?
MVP投票権を得た日本人記者が解説する。

posted2017/05/08 07:00

 
チームはウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンドで敗退したが、今季のウェストブルックの個人成績は、NBA史に残る偉大なものだった。

チームはウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンドで敗退したが、今季のウェストブルックの個人成績は、NBA史に残る偉大なものだった。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 4月頭、NBAからレギュラーシーズン個人賞投票の依頼メールが届いた。

 NBAを取材するようになって約30年たつが、MVPなどのレギュラーシーズン個人賞の投票権をもらったのは初めて。チームと直接契約している解説者やチーム公式サイトの記者などを投票者から外した分、海外媒体のメディアにも投票権を与えようということで選ばれたようだ。

 実際に投票してみると、これがなかなか大変だとわかった。まずはそれぞれの賞の候補選手をリストアップし、その中から絞り込むやり方で選んだのだが、特に激戦だったMVPレースでは、トップ4人の誰を選んでも正解と思えて、1週間以上悩みに悩んだ。なんとか、レギュラーシーズン終了2日後の期限までに投票をすませた。

 ちなみに、今年の個人賞はNBAファイナル後の6月26日に全米中継される『NBAアワードショー』で発表されることになったため、正式発表までは少し期間があくが、その前に誰に票を投じたかを明らかにしたい。

※各投票者がMVPは1~5位、残りの賞は1~3位まで順位をつけて投票し、MVP投票の場合は1位に10点、2位に7点、3位に5点、4位に3点、5位に1点が与えられ、他の賞は1位に5点、2位に3点、3位に1点が与えられ、それぞれ合計得点が一番多い選手が選ばれるシステム。

「MVP」は話題性も候補選手も多く、最後まで悩んだ。

 MVPは最も話題となる賞で、競争も一番激しく、最後まで悩んだ。

 トップ4人をジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)、カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)に絞るのは比較的簡単だった。

 その段階で落としたのがステフィン・カリーとケビン・デュラント。

 本来なら、MVPはトップチームのトッププレイヤーが最有力候補となるべき賞だとは思っているので、シーズン67勝をあげたゴールデンステイト・ウォリアーズの二大スターの両方、あるいは少なくともどちらかをトップ候補に残すべきとは思ったが、デュラントはシーズンの1/4を欠場したことで選考対象から外し、カリーはデュラントに遠慮したようなシーズン前半のプレーに、MVPを受賞していた最近2シーズンのような脅威を感じなかったので5位とした。

 問題はここからだ。

 チーム成績を重視するならリーグ2位の成績(61勝21敗)のスパーズを率いたカワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)が頭ひとつ抜けている。チーム内での貢献度も、オフェンスの数字では他の3選手に劣るものの、攻守の両面で脅威となるという点では誰よりも完璧なシーズンを送った。

【次ページ】 ウェストブルックは歴史的シーズンを送ったが……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ