酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

WBCに出た年の成績は下がる、のか?
松坂大輔は暴落、マー君は24連勝。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/20 16:00

WBCに出た年の成績は下がる、のか?松坂大輔は暴落、マー君は24連勝。<Number Web> photograph by Kyodo News

WBCで打ちまくった小林誠司は打率1割台と低迷中。菅野智之はきっちり立て直してきた。WBCの影響は選手にもよるが……。

2006年は渡辺俊介、2009年は松坂大輔が下落。

2006年大会 優勝 日本

松坂大輔(日本) NPB
 2005年14勝13敗 防御率2.30
→2006年17勝5敗 防御率2.13

上原浩治(日本) NPB
 2005年9勝12敗 防御率3.31
→2006年8勝9敗 防御率3.21

渡辺俊介(日本) NPB
 2005年15勝4敗 防御率2.17
→2006年5勝11敗 防御率4.35

B・コロン(ドミニカ共和国) MLB
 2005年21勝8敗 防御率3.48
→2006年1勝5敗 防御率5.11

徐 在応(韓国) MLB
 2005年8勝2敗 防御率2.59
→2006年3勝12敗 防御率5.33

 日本では渡辺俊介も成績を落としたが、上原浩治、松坂大輔は大きな変化がなかった。

 MLB最年長投手として今も投げているバートロ・コロンは11年前の第1回WBCでは、快速球投手として活躍したが、その年の成績は急落している。韓国人MLB投手だった徐在応も大幅下落。

2009年大会 優勝 日本

松坂大輔(日本) MLB
 2008年18勝3敗 防御率2.90
→2009年4勝6敗 防御率5.76

ダルビッシュ有(日本) NPB
 2008年16勝4敗 防御率1.88
→2009年15勝5敗 防御率1.73

岩隈久志(日本) NPB
 2008年21勝4敗 防御率1.87
→2009年13勝6敗 防御率3.25

奉 重根(韓国) KBO
 2008年11勝8敗 防御率2.66
→2009年11勝12敗 防御率3.29

オズワルト(米国) MLB
 2008年17勝10敗 防御率3.54
→2009年8勝6敗 防御率4.12

 MLB、ボストン・レッドソックスに移籍していた松坂は前年、サイ・ヤング賞候補になる活躍だったが、この年は大きく成績を落とす。岩隈の成績もやや下落。23歳のダルビッシュの成績は落ちなかった。

 MLBではアストロズのエース、ロイ・オズワルトが17勝から8勝と勝ち星を半減させている。

【次ページ】 2013年のWBC後、田中将大は24連勝した。

2/4ページ
関連キーワード
松坂大輔
田中将大
侍ジャパン
WBC

ページトップ