Sports Graphic NumberBACK NUMBER

代表新エース候補、久保裕也は強気。
「ゴールを決める。発散はそれだけ」

posted2017/04/14 07:00

 
代表新エース候補、久保裕也は強気。「ゴールを決める。発散はそれだけ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

UAE戦での1ゴール1アシストによって、右サイドのファーストチョイスとなった久保。鋭い眼差しからは野心を強く感じる。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

ロシアW杯へ近付くアウェーでの勝ち点3獲得。
その立役者の1人は、間違いなくこの男だった。
シュート精度だけでなく、突破力も身に付けた。
23歳の若武者は、どのようにして進化を遂げたのか。

 2-0。ハリルジャパンは、昨年9月にホームで敗れたUAEに借りを返した。司令塔オマル・アブドゥルラフマンに対して徹底した包囲網を張り、組織と個々のデュエルで抑え込んだ。そして攻めれば縦方向を意識したアタックで2ゴールを奪う。完璧な90分間だった。

 UAEのゲームプランを早々に崩壊させたのが、久保裕也の先制ゴールだった。昨年11月のサウジアラビア戦に続く、右サイドでの先発出場。前回は負傷によって前半のみで交代してしまったため、満を持して臨んだ。彼の一撃から日本は敵地での戦いに自信を手にしていく。

「あの裕也のゴールが相当チームを楽にした」と香川真司は讃え、この日のもう1人の殊勲者、今野泰幸にとっても「久保が点を取ってくれたので、すごく安心した。ホッとした」と、2年ぶりの代表戦での躍動につながった。

 後半には、その今野のゴールを久保がアシストする。吉田麻也から前線の大迫勇也にロングボールが入ると、久保はすぐさま大迫をサポートできる位置に走る。ヘディングの落としを受け、冷静に左足でクロス。日本の2点目をお膳立てした。「久保が絶妙なところに出してくれた。スピード、コース、場所。すべて自分にピンポイントだった!」。今野は自分のシュートよりも、立役者のプレーを興奮気味に語った。

 右足での強振シュートと、左足のラストパス。久保が生み出した2点が、スタンドを埋める白装束の男たちを黙らせた。

「少々距離があっても、コースが空いていたら打つ」

 京都でプレーしていた10代の頃から、シュートセンスは折り紙付きだった。スイスのヤングボーイズに渡っても、それは変わらず武器であり続けた。

「毎日シュートは、アホみたいに打っていましたよ(笑)。シュートが上手かったら、ボールが急にこぼれてきても何とかなるやろと思って。ドリブルがあまり得意ではなかったので、シュート力を伸ばそうと。少々距離があっても、コースが空いていたら打つ。僕はスペインのダビド・ビジャが好きで。結構シンプルに足を振って点を取るじゃないですか。相手DFを半歩ズラして素早く打つ形とか、ホンマに憧れます」

【次ページ】 リオ五輪不出場に「ムカついたけど、これも人生」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
久保裕也
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ