話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。
レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

posted2017/03/26 11:00

 
“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

毎年のように主力が抜けていく古巣に戻る。その決断を下した矢野は、北信越の雄である新潟のために粉骨砕身する。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 アルビレックス新潟の右サイドバック・矢野貴章と横浜F・マリノスの左サイドハーフ・齋藤学の“ガチバトル”は、なかなか見応えがあった。

 3月18日に行われたJ1第4節の試合は1-1のドローで、ともに決定機を決められず、やや停滞した内容だったが、彼らのサイドは熱かったのだ。

 矢野は齋藤とこれまで何度か対戦しているが、かなり警戒をしていたという。

「彼(齋藤)は得点を取れるし、決定的なパスも出せる。ドリブルを自由にさせたら恐い選手なのでスピードに乗らせないように、フリーでドリブルさせないようにと考えていました。基本的に駆け引きがうまいので、どんな場合にも対応できるポジション取りをしていました」

同じタイミングで走るなら、負けない自信があった。

 矢野は齋藤にボールが入った時、3mぐらいの間合いを取って対応していた。スピードでは負けない自信があったので、外に追い込めば対処しやすいと踏んでいた。実際、スピードでは負けていなかった。

 象徴的なのは後半28分のシーンで、マリノスの金井貢史から裏に出されたボールに対して“ヨーイドン”で二人がスタートしたが、矢野がマイボールにした。ドリブルをしながらスピードに乗った齋藤を止めるのはもちろん厄介だが、いわゆる素走りでは負けていなかったのである。

「自分はスピードがありますし、同じタイミングで走るなら負けない自信もあります。それがあってのポジションの取り方をしていました」

 齋藤対策は矢野自身の1対1の対応だけではなく、周囲のサポートも大きかった。加藤大が全速力で寄せてきて、2対1にして齋藤の動きを制限した。

【次ページ】 FWながら「献身的な守備」でW杯メンバーに。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
矢野貴章
アルビレックス新潟
齋藤学
横浜F・マリノス
レオ・シルバ

ページトップ