マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

打者や投手より目立たないけれど。
春の甲子園に現れた3人の守備名人。

posted2017/03/19 09:00

 
2年前の夏の甲子園決勝、1年生ながらヒットを放った仙台育英の西巻賢二。さすがにまだあどけない表情をしている。

2年前の夏の甲子園決勝、1年生ながらヒットを放った仙台育英の西巻賢二。さすがにまだあどけない表情をしている。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 動作がダイナミックで結果の良し悪しがはっきり現われる“バッティング”は観る者にとってとても印象的で、時に強烈な感動をもたらすものだが、一方で、“フィールディング”については、そこまで注目されることがないように思う。

 バッティングが打つという動作だけなのに対して、フィールディングには、打球のコースに入る→捕球する→投げるの、少なくとも3つの要素がすべてエラーなくなされなくては成立しない。それだけに、プレーの難度は高く、“奥”も深いのでは……と考えている。

 ともすれば、派手なバッティングの陰に隠れがちなフィールディングだが、今回のセンバツには、決して見逃してほしくないフィールディング名人が何人も出場してくる。

鉄壁の名に相応しい3人のショート。

 ショートストップ。

 三遊間から二塁ベース付近までの広い守備範囲を受け持って、どのコースにどんな打球が飛んでこようとも、すべてさばいて決して抜かせない“鉄壁”の守備人をいう。

 そんな表現にふさわしい3人の遊撃手を、北から順に挙げていこう。

 仙台育英・西巻賢二(3年・168cm65kg・右投右打)に驚いたのは1年夏の甲子園、その決勝戦だ。

 3点リードされた6回、ここで流れを変えなければそのまま終盤……のタイミングに、一死一塁で代打で出てきて、東海大相模・小笠原慎之介(現・中日)の剛速球をレフト前へライナーで弾き返した。タイミングピッタリ、この場面で渾身のフルスイングのジャストミート。その勝負根性に、測り知れない生命力を感じたものだ。

 その西巻賢二がフィールディングに輝きを増して、再び甲子園にやってくる。

 1年の夏には遊撃以外の3つのポジションを守って、同じように上手かった。

 どこでも守れるのは“野球上手”だから。

【次ページ】 平沢大河のDNAを引き継ぐ、打球処理のタイミング。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ