マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

履正社・安田尚憲vs.日大三・桜井周斗。
濃厚な5打席はまさに“闘争”だった。

posted2017/03/22 07:00

 
履正社・安田尚憲vs.日大三・桜井周斗。濃厚な5打席はまさに“闘争”だった。<Number Web> photograph by Kyodo News

清宮が太刀打ちできなかった桜井の宝刀を、安田が仕留める。センバツ初日に実現した5打席勝負は、高校野球ファンにとって極上の瞬間だった。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 それはもう壮絶な“闘争”だった。

 秋にあの清宮幸太郎に5連続三振を食らわせた桜井周斗(日大三高)のスライダーだ。

 西の横綱・安田尚憲(履正社高)だって、そうは簡単に打てやしない。

 それは、やる前からわかっていた。

 桜井周斗のスライダーは“スライダー”じゃない。大きなカットボールだと考えたらよい。

 スライダーはすべり幅が大きければ大きいほど、早くから変化し始める。桜井のそれもホームベースの横幅ほど、わりと大きなすべり幅がある。しかし打者の体感としては、ホームベースの上で真横、つまり直角にキュッと折れるような球道になる。

 プロで言えば、昨季までの18年間で402セーブをあげた中日・岩瀬仁紀の“魔球”と呼ばれたスライダーに近い変化といってよい。

 秋にやられた清宮幸太郎も左打者なら、安田も左だ。目の前からパッと消えていくような軌道のスライダーが、そうそう捉えられるわけがない。

このまま、清宮幸太郎の二の舞かと思ったが。

 そんなこと考えているうちに、安田が立て続けに3三振を食らってしまう。どれも、勝負球はスライダーだった。

 最初の2つは、目がまったく球道を追えずにスイングの下をスライダーがかいくぐった。3つ目の見逃しの時は、さすがの安田が息を飲むようにして見送った。

 このまま、清宮幸太郎の二の舞かと思った。それぐらい、安田のスイングもタイミングも全く合っていない。

 ところが、次の4打席目に桜井周斗のスライダーが抜けた。抜けて、安田の背中に当たった瞬間から、2人の有利・不利が逆になったように見えた。

【次ページ】 スライダーに疲れが見える。安田はピンと来ていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
安田尚憲
桜井周斗
清宮幸太郎
履正社高校
日大三高校
センバツ
甲子園

ページトップ