バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグの新制度ゴールデンセット。
最後の25点で全てが決まる緊張感! 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/17 11:30

Vリーグの新制度ゴールデンセット。最後の25点で全てが決まる緊張感!<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季の王者に輝いた豊田合成は、今年もレギュラーラウンドでは1位。ファイナルで待つ東レは何を考えているのだろうか。

この盛り上がりは決勝でも再現されるか?

 中盤、ジェイテクトの攻撃が単調になったところを豊田合成が逃さず切り返して18-15と抜け出し、そのまま逃げ切った。傳田亮太のブロックで25点目を奪った瞬間、アンディッシュ監督やベンチの選手たちはコートに駆け込み、優勝が決まったかのように喜びを爆発させた。

 試合後、敗れたジェイテクトの増成一志監督は、「このゴールデンセット方式は、本当に体力もいるし気力もいる。今季初めて採用されましたが、これは悪くないと思った。非常にいい経験をさせてもらいました」と語った。

 欧州チャンピオンズリーグでゴールデンセットを戦った経験のあるイゴールとカジースキは、今回のゴールデンセットについて、ほぼ同じ感想を述べた。

「いいシステムだと思う。ただ以前に経験したゴールデンセットは15点制で、しかも2試合目が終了してからすぐに行っていた。今回のようにすぐ始まらないのは選手にとってあまりよくない」とカジースキ。イゴールも、「2試合目が終わってからゴールデンセットが始まるまで15分。これは長過ぎる」と言う。

 古賀も、「あの15分間はちょっと間延びした感じがあったので、もう少し短くてもいいのかなと思う」と語った。

 この他、ゴールデンセットに至るまでの試合の1セットの重みが減るのではないかといった課題はあるが、カジースキが「観客にとっては非常にワクワクするものだったと思う」と話したように、会場がおおいに盛り上がったことは間違いない。

 17日から始まるファイナルでも同じシステムが採用される。そこでも、さらに白熱した試合が展開されることを期待したい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
4/4ページ
関連キーワード
豊田合成
クリスティアンソン・アンディッシュ
Vリーグ

ページトップ