バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグの新制度ゴールデンセット。
最後の25点で全てが決まる緊張感! 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/17 11:30

Vリーグの新制度ゴールデンセット。最後の25点で全てが決まる緊張感!<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季の王者に輝いた豊田合成は、今年もレギュラーラウンドでは1位。ファイナルで待つ東レは何を考えているのだろうか。

ゴールデンセットで、会場は興奮に包まれた。

 実際、ゴールデンセットは予想以上に白熱し、会場は興奮に包まれた。

 ファイナル3の第1戦を制したのはジェイテクトだった。レギュラーラウンド5位のジェイテクトは、ファイナル6で連敗スタートとなり、一度は追い込まれた。しかし浅野博亮、清野真一、興梠亮を先発に起用した第3戦の東レ戦から流れが変わった。浅野や興梠がボールに食らいついて好守備を連発し、チームに粘りが生まれ、清野の速い攻撃も効果的だった。ジェイテクトはそこから3連勝して初のファイナル3進出を決め、ファイナル3の第1戦も、勢いそのままにセットカウント3-0で豊田合成をくだした。

 一方、昨季の王者・豊田合成は、レギュラーラウンドを1位で通過したが、ファイナル6の最後に連敗し、2位でファイナル3に回った。ファイナル3の初戦は、その流れを引きずったような試合だった。

1戦目で惨敗しても、チャンスが残る。

 アンディッシュ監督が就任して今季で4年目。監督のもたらした約束事やシステムは年々浸透し、堅いバレーを展開してきた。しかしファイナル3初戦は、豊田合成らしくないミスや被ブロックが多かった。ミスによる失点は24点と、約1セット分にものぼった。

 試合後、主将の古賀幸一郎は「原因がわかるなら教えてほしいぐらい。みんな100%でやっている中で、ボタンの掛け違いがおこっている」。アンディッシュ監督も、「なぜこうなったか、私にも説明できない」と頭を抱えた。

 ただ、古賀が「今日みたいな試合になってしまっても、今季はまだチャンスがあることに感謝している。1つ違うスイッチを押すだけで、また違うチームに生まれ変わると思う」と話した通り、翌日の第2戦はまったく違う姿を見せた。前夜は約3時間に及ぶ話し合いを行うなど、精神面を立て直すことに力を注いだという。

 初戦で途中交代となった山田脩造は、「古賀さんとか、いろいろな人に話をしてもらって、気持ちを切り替えられたというか、よかった時の自分を思い出して2戦目に臨むことができた」と振り返った。

【次ページ】 2戦目は一転して、豊田合成が3-0で勝利。

2/4ページ
関連キーワード
豊田合成
クリスティアンソン・アンディッシュ
Vリーグ

ページトップ