酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

WBC過去3大会、選手成績をマジ調査。
最多安打はイチロー、最多勝は?

posted2017/03/07 08:00

 
WBC過去3大会、選手成績をマジ調査。最多安打はイチロー、最多勝は?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

記念すべきWBC第1回大会で、日本を優勝に導いたのは松坂大輔だった。この活躍が、翌年のメジャー移籍にも影響したに違いない。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 WBCには、投打のリーダーが必要だ。筒香嘉智、菅野智之には、その準備はできているか?

 WBC連覇は、イチローと松坂大輔がけん引した。

 第4回WBCの本番が間近に迫ってきた。野球ファンは壮行試合の結果に一喜一憂していることだろう。

 2006年の第1回WBCから11年、日本は優勝2回、準決勝敗退1回、強豪の一角を占めている。

 過去3回の大会での戦績は、2006年5勝3敗、2009年7勝2敗、2013年5勝2敗。単純なトーナメントではなく、敗者復活ありだったので、日本は結構負けている。通算では17勝7敗だ。

 では、これまでの3回の大会では、どんな選手が活躍したのだろうか?

日本の最多安打は、もちろんあの人。

 3大会通算での安打数ベスト5を見てみよう。

1.イチロー 24安打(77打数)打率.312 2006年、2009年
2.岩村明憲 15安打(46打数)打率.326 2006年、2009年
3T.内川聖一 14安打(41打数)打率.341 2009年、2013年
3T.小笠原道大 14安打(58打数)打率.241 2006年、2009年
5T.松中信彦 13安打(30打数)打率.433 2006年
5T.青木宣親 13安打(42打数)打率.310 2006年、2009年
5T.稲葉篤紀 13安打(43打数)打率.302 2009年、2013年

 やっぱりここでもイチローだ。2位以下をダントツに引き離している。

 2006年は.364と好調を維持したイチローだが、2009年は当りが止まり苦労した。しかし、韓国との決勝戦では延長10回に決勝のタイムリー二塁打を打った。まさにイチローが優勝を決めたのだ。

 イチローの通算24安打は3大会トータルでは、キューバのフレデリク・セペダの31本に次ぎ、同じくキューバのユニエスキ・グリエルと並ぶ2位タイ。キューバの2人は3大会で記録したが、イチローは2大会だ。

 どんな舞台でも一番たくさん安打を打つ。イチローの面目躍如だ。

 ちなみに日本の通算最多本塁打は2006年に固め打ちをした多村仁志の3本だ。

【次ページ】 投手では、6試合負けなしの絶対エースが君臨。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
イチロー
松坂大輔
筒香嘉智
菅野智之
WBC

ページトップ