ぶら野球BACK NUMBER

飛行機2万、1泊3千、チケット4千円。
沖縄へ“春の野球”を見にぶらり旅。

posted2017/03/08 11:00

 
飛行機2万、1泊3千、チケット4千円。沖縄へ“春の野球”を見にぶらり旅。<Number Web> photograph by Yasutaka Nakamizo

オープン戦のスタジアム周りで見かけた沖縄出身の宮国椋丞の等身大パネル。かの地では巨人軍で一番人気!?

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph by

Yasutaka Nakamizo

「人生とは旅であり、旅とは人生である」

 かつて中田英寿はそう言った。

 そうか、旅か……。

 最近は仕事の打ち合せ以外の遠出はほとんどない。近所の徒歩3分のコンビニまでの定期券が欲しいくらいだ。子どもの頃に行った修学旅行は気楽で楽しかったな。社員旅行や家族旅行も悪くないけど、たまには会社や家庭のことを忘れてぶらりとひとり旅に出たい。現地の食事、夜の街散策、地元のおネエちゃん、のんびり温泉、そしてプロ野球。そんな旅があったら最高だ。

 そうだ、遠征に行こう。

 好きな野球チームを追って、日本各地をぶら野球。

 目指すは「大人のひとり修学旅行」である。

いざオープン戦開幕試合、沖縄遠征へ。

 巨人の日程を確認すると、2月25日にタイミング良く沖縄セルラースタジアム那覇でのオープン戦開幕試合がある。25日(土)がDeNA戦、26日(日)がロッテ戦だ。

 寒い東京を脱出して沖縄へ野球観戦ひとり旅。野球のない27日には瀬長島の琉球温泉でリフレッシュ。

 これだ。

 なんて素晴らしいコンセプトだろう!

 感動してほとんど涙ぐみながら、さっそくネットで航空チケットを手配する。あっさりと往復2万円を切る格安チケットを購入。よし、その勢いでホテルも……と思ったら、25日夜の那覇市内のビジネスホテルはすべて満室だ。この日は那覇だけでなく、名護、北谷 、浦添と沖縄各地でオープン戦ラッシュ。レンタカーを借りて中心地から離れたら選択肢は広がるけど、夜の街でストイックにウーロン茶を飲むハメになる。かと言って、それなりのリゾートホテルは1泊3万円越え。男ひとりでそんな場所に泊まっても虚しいだけだ。

【次ページ】 お手軽なカプセルホテル旅も、また良し。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
宮國椋丞
スコット・マシソン
田口麗斗
平良拳太郎
カープ女子
読売ジャイアンツ

ページトップ