プロ野球亭日乗BACK NUMBER

侍ジャパンの野球とは何か――。
指揮官の「遠慮」はチームを殺す。

posted2017/03/06 12:30

 
侍ジャパンの野球とは何か――。指揮官の「遠慮」はチームを殺す。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

侍ジャパン、壮行試合前の練習風景。左から稲葉篤紀打撃コーチ、小久保裕紀監督、奈良原浩ヘッドコーチ。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 泳がされながら、執念でバットに引っ掛けた打球が右翼線に落ちた。

 同点の9回表2死一、二塁。秋山翔吾(西武)の放った三塁打が、7日開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)本番を目前に、侍ジャパンに2つ目の白星をもたらした。

「これだけのメンバー。ずっとスタメンとは思っていないし、後ろからは想定内。与えられたところで役割を果たしたい。本番に活かせる打席になってくれたらいい」

 お立ち台で秋山は改めて顔を引き締めた。

 楽観は許されない。勝ち負けは関係ないとはいえ、直前の強化試合で2勝3敗という数字が侍ジャパンの現状だ。

 この試合も立ち上がりに先発・藤浪晋太郎(阪神)が自らの失策などでいきなり2失点。2回には鈴木誠也(広島)の3ランでひっくり返したが、4回には3番手の岡田俊哉(中日)があっさり同点に追いつかれた。

 3回以降は4イニング連続で三者凡退するなど、相変わらず打線のエンジンがかからなかった。

秋吉、牧田ら投手が躍動。ただ打線が……。

「投手陣は目覚めたが、打線が本調子ではない」

 試合後の小久保裕紀監督が漏らした言葉だ。

 抑えに予定される秋吉亮(ヤクルト)を筆頭に、繰り出したリリーフ陣はまずまずの内容。3日の阪神戦ではキーマンの牧田和久(西武)も復活し、投手陣にはある程度の目処がたった。しかし本番まで待ったなしの状況でも、未だに打線が本調子に上がってこない。それがチームの現況なのである。

 それでも試合は待ってくれない。

【次ページ】 指揮官はコンディションの良否でチーム修正するべき。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
秋山翔吾
鈴木誠也
岡田俊哉
藤浪晋太郎
稲葉篤紀
小久保裕紀
仁志敏久
坂本勇人
青木宣親
山田哲人
小林誠司
菊池涼介

ページトップ