ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

もはやウッズは現役に未練なし?
思い出の大会、ドタキャンの真相は。

posted2017/02/26 11:30

 
16歳の頃、ロサンゼルスの地で輝かしいキャリアのスタートを切ったウッズ。それから25年、ドライバーを持つタイガーの姿は見られなかった。

16歳の頃、ロサンゼルスの地で輝かしいキャリアのスタートを切ったウッズ。それから25年、ドライバーを持つタイガーの姿は見られなかった。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 始まりの場所は、時代の終わりを告げる空間になってしまうのか。

 2月のアメリカPGAツアー・ジェネシスオープン。今年メインスポンサーが変更されたロサンゼルスでの大会は、過去に丸山茂樹、伊澤利光が上位進出したこともあった試合だ。

 ニッサン・ロサンゼルスオープンの名を博していた1992年のこと。当時アナハイムの高校生だったタイガー・ウッズは、このトーナメントで初めてツアーに出場した。

 結果は予選落ちだったが、ウッズはのちにこう残している。

「ここからすべてが始まった。16歳の時に初めてPGAツアーに出場した。人生が変わる瞬間だったんだ」――

5週間の間に4試合というハードなスケジュール設定。

 ウッズは腰の故障を発端に2015年8月末から戦列を離れていたが、昨年12月に松山英樹が優勝したバハマでのヒーローワールドチャレンジで実戦に復帰した。そして年明け、ウッズはツアーにカムバックする際、とても“病み上がり”とは思えない、ハードなスケジュールを発表した。

 1月末から5週間の間に4試合に出場。カリフォルニア州サンディエゴでの試合で1年5カ月ぶりに米ツアーを戦い、翌週は中東に飛んでドバイで欧州ツアーに参戦。1週のオフを挟んで再び米カリフォルニア州ロサンゼルス、その次はフロリダ州の東海岸パームビーチへ。

 それぞれ長距離移動を伴うだけに、体にかかる負担への心配はあったが、逆にそれを「傷が癒えた自信」と受け取る見方もあった。

 だが、その希望は早々に打ち砕かれた。

【次ページ】 復帰2戦目で棄権、その後2試合は欠場することに。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ