ゴルフPRESSBACK NUMBER

恋もゴルフも人生の波が大きすぎる!
マキロイは、世界3位なのに親近感。

posted2017/03/12 11:30

 
恋もゴルフも人生の波が大きすぎる!マキロイは、世界3位なのに親近感。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

一時は世界ランク1位まで上り詰めたが、現在は3位。松山英樹にとっては3歳年上で、これから長く争う相手になること必至である。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 メジャー4勝、米ツアー通算13勝、世界9勝を挙げ、世界ランキングは3位(3月6日現在)。数字が示すローリー・マキロイは、押しも押されもせぬ世界屈指のトッププレーヤーである。

 だが、この選手から漂ってくる空気は「雲の上の人」というピリピリ感ではなく、むしろ「オレの友達、結構強いんだぜ」というような親近感。比類稀なる才能も実力も実証済みだが、突出した選手でありながら、なぜそんなふうに親しみを呼ぶのか。

 それはきっと、マキロイの言動に妙な“オチ”が付いてくることと関係がある。

2歳で40Y飛ばし、モップへアの少年は一躍スターに。

 マキロイは北アイルランドのホーリーウッドという田舎町で生まれた。地元のゴルフ場内でバーを経営していたスクラッチプレーヤーの父ゲリーに手ほどきを受け、2歳のときからゴルフクラブを握り始め、「瞬く間に40Yを飛ばした」という逸話を生んだ。

 2007年の世界アマランクで1位になり、全英オープンではベストアマ。同年、プロ転向直後のわずか2試合で欧州ツアーシード権を獲得したマキロイの名は世界へ轟き、2009年のアクセンチュア・マッチプレー選手権が米ツアーのデビュー戦になった。

 だが、鳴り物入りでやってきたマキロイを迎えた米ゴルフ界の反応は、最初は冷めていた。口の悪い米メディアはマキロイの巻き髪に着目し、「Mop-top hairdo(モップヘアのお兄ちゃん)」と、あか抜けない素朴な少年を揶揄していた。

 だがモップヘアの少年の成長は、想像以上に目覚ましかった。2010年にクエイルホロウ選手権で米ツアー初優勝を挙げると、2011年マスターズでは圧勝する勢いを見せた。

「すごいぜ、ローリー!」

「これぞ、ネクスト・タイガーだ!」

 世界のゴルフファンが興奮を覚えた矢先、マキロイは最終日のバック9で大きく崩れ、「80」を叩いて15位に終わった。

【次ページ】 マキロイの人生は、いつもジェットコースター。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
ローリー・マキロイ
タイガー・ウッズ

ページトップ