野球のぼせもんBACK NUMBER

ソフトバンク史上、最も堂々とした新人。
秀岳館で磨かれた九鬼隆平の人間力。

posted2017/01/16 07:00

 
ソフトバンクの新入団選手発表記者会見にて。工藤監督を囲んでの記念写真。(前列左から)田中正義投手、古谷優人投手、九鬼隆平捕手、三森大貴内野手。

ソフトバンクの新入団選手発表記者会見にて。工藤監督を囲んでの記念写真。(前列左から)田中正義投手、古谷優人投手、九鬼隆平捕手、三森大貴内野手。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 地元熊本に、昨年末はこれまで以上に帰った。

 数えてみると4回。正月の帰省を除けば、残り3回は仕事だった。

 そのすべてが復興支援野球教室の取材。12月中旬にはパ・リーグ6球団7名の選手たちと一緒に、阿蘇にも地震後初めて足を運んだ。

 自分の眼で初めて見た震災後の阿蘇は、山の一部が削り取られたように消えていた。その真下にあった阿蘇大橋は崩落。大学生の尊い命が奪われた現場だ。

 熊本市と阿蘇地方をつなぐ大動脈である国道57号線とJR豊肥本線はいまだ復旧の目処が立たず、地元関係者に訊いても「2017年中も無理でしょう。いつ元の姿に戻るのか、まったく分かりません」とため息をつくしかなかった。

 熊本を元気にするために、プロ野球界は随分と動いてくれた。

熊本の被災地を励ますために多くの選手が立ち上がった!

 12月はホークス選手会が野球教室を開いた。

 ジャイアンツの長野久義やマリーンズの井口資仁は個人的に訪れたりしたというニュースを見た。

 大リーガーの岩隈久志や川﨑宗則も駆けつけた。川崎は筆者が把握しているだけでこのオフに熊本で3度も支援イベントを行い、うち1度では川崎、和田毅、杉内俊哉、新垣渚というかつての同僚が顔をそろえた日もあった。

 熊本出身の荒木雅博(ドラゴンズ)や山中浩史(スワローズ)、立岡宗一郎(ジャイアンツ)らは年明け1月の自主トレの合間にも野球教室を行った。

【次ページ】 実は野球好きが多い、熊本という土地。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ