炎の一筆入魂BACK NUMBER

目標は10割、200本、1000打点。
鈴木誠也が探す「違うもの」の正体。

posted2017/01/16 11:00

 
目標は10割、200本、1000打点。鈴木誠也が探す「違うもの」の正体。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季は初となる規定打席に到達。打率でリーグ2位、本塁打と打点でリーグ5位と躍進の年となった鈴木。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 立ち止まると成長が止まるかのように、広島の鈴木誠也は年明けからマシン相手に打ち込んでいた。屋内練習場に響く打球音は、自分の前に立ちはだかる壁がひび割れていく音のようにも聞こえた。

 昨年の今ごろはまだ、広島の期待株の1人に過ぎなかった。

 わずか1年で取り巻く環境は大きく変わった。昨季はケガで出遅れながら、打率.335、29本塁打、95打点、OPS1.015の好成績を残した。ゴールデン・グラブ賞とベストナインに選ばれ、最優秀選手賞は3位の得票数を得た。流行語大賞も受賞した「神ってる」という言葉と、侍ジャパン選出によって、その名は全国に広まった。

 広島のレギュラー獲得から一気に一流選手への入り口前まで駆け上がった。目の前にある扉を開き、突き進んでいくためにも大事な1年が幕を開けた。

「今年の数字はもうなかったものとして……」

「今年は大事ですよ」と鈴木はうなずきつつ、「でも」と続ける。

「毎年、大事。昨年もそう思っていましたし、二軍にいた年もそう思ってやってきた。プロ野球は結果がすべてかもしれませんが、自分がこうなりたいと思うものに向かってやっている」

 理想に近づくため、鈴木が選択したのは「持続」ではなく「解体」だった。

 '16年に作り上げた打撃に固執しない。侍ジャパン強化試合で昨季の戦いを終えた2日後には「今年の数字はもうなかったものとして、次に向かっていかないといけない」と言い切った。その表情には、個人、チームともに好結果を残したシーズンの余韻など感じられなかった。

「フォームが大きく変わることはないけど、考え方は一度崩してもいいと思っています。違うものも探したい」

【次ページ】 侍ジャパンで内川、山田、筒香らと話したこととは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
鈴木誠也
内川聖一
山田哲人
筒香嘉智

ページトップ