JリーグPRESSBACK NUMBER

「ガムシャラさ」によりかからない。
状況判断こそが久保建英の特別さ。

posted2016/11/07 17:30

 
「ガムシャラさ」によりかからない。状況判断こそが久保建英の特別さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

フィジカルは年齢と共に着実に向上する。久保建英が、目先ではなく長期的なスパンで成長する環境に恵まれることを願わずにはいられない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 衝撃的なデビューを飾ることはできなかった。

 それでも、久保建英は確かに「違い」を見せつけた。

 11月5日に行なわれたJ3リーグのAC長野パルセイロ戦で、FC東京U-23に所属するこの15歳はJリーガーとしての第一歩を記した。J1やJ2と同列で語るのは無理があるものの、Jリーグという大きなくくりで言えば、史上最年少記録を更新したことになる。

 久保のベンチ入りが事前に報道されていたため、駒沢競技場には7653人の観衆が詰めかけた。FC東京U-23のホームゲーム平均入場者数は、3000人に届かない。バルセロナの育成組織に在籍した少年への注目度が、観客動員を大幅に跳ね上げたのだ。

 メディアも殺到した。テレビカメラもスチールカメラも、試合前からFC東京U-23の背番号50を追いかけた。試合後には30人以上の記者に囲まれた。

過剰な視線、身体的格差、上位チームという難状況。

 ユニフォームに着替える瞬間は、後半開始とともに訪れた。「ボールを握れず、前へ出ていくこともできなかった」という前半を受けて、FC東京U-23の中村忠監督は3-4-2-1の「2」の一角に久保を指名する。

 この時点でスコアは0-2だった。そもそもの力関係も、FC東京U-23は劣勢である。横浜F・マリノスやFC東京に在籍した三浦文丈監督が率いる長野パルセイロは、J1でのプレー経験を持つ選手をズラリと並べている。全30試合のうち27試合を消化した試合前の順位は、長野が16チーム中6位でFC東京U-23は12位だった。

 フットボーラーとしての才能に溢れているといっても、久保はまだ中学3年生だ。全身に突き刺さるような視線を浴びて、居心地がいいはずはない。

 しかも、対戦相手はJ3リーグの上位チームだ。ビハインドを追いかける展開でもある。167センチ、60キロの身体は当然ながら成長過程で、肉体的な逞しさを身につけるには至っていない。同世代では抜きん出た技術を持つが、J3では身体能力の格差が立ちはだかる。デビュー戦として用意された舞台は、たやすいものではなかった。

【次ページ】 仲間にプレーをわかってもらうには時間がかかる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
久保建英
FC東京
FC東京U-23
J3

ページトップ