ニッポン野球音頭BACK NUMBER

DeNAの“もっと評価されるべき”捕手。
新人・戸柱恭孝の密かなる貢献度。

posted2016/10/05 11:30

 
DeNAの“もっと評価されるべき”捕手。新人・戸柱恭孝の密かなる貢献度。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

戸柱は球団初のCS進出を決めた9月19日の広島戦でも扇の要を務め上げ、ラミレス監督と勝利のハイタッチをかわした。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 9月29日、横浜一筋25年、“ハマの番長”こと三浦大輔が現役最後のマウンドに上がった。12安打10失点と打ち込まれながらも7回途中を119球、熱投と呼ぶにふさわしい最終登板だった。

「このまま時間が止まってくれればなと……」

 引退セレモニーでそうつぶやいた三浦の姿に、選手もファンも涙を隠さず、試合後の横浜スタジアムは感動一色だった。

 時は、1年前に遡る――。

 2015年9月29日、ベイスターズを覆う空気は残酷なほどに重かった。

 その夜、甲子園でのタイガース戦は、3対3の同点で9回裏に突入する。まず先頭、三上朋也の暴投(振り逃げ)で無死一塁。次打者はバント、これを処理した三上の送球を一塁手ロペスが捕りこぼして無死一、三塁。続く代打・関本賢太郎の打席ではアウトコースの変化球を捕手の嶺井博希が後ろに逸らした。

 1つのアウトを取る前に3つのミスをおかしてサヨナラ負け。チームは最下位に転落し、中畑清監督(当時)も「ギブアップだな」と、指揮官としての禁句をついに口にした。バッテリーエラーが多発したシーズンを象徴する負け方だった。

ワーストタイ68暴投の改善を新人ながら託された。

 昨季の68暴投はプロ野球ワーストタイ記録だ。暴投は投手を対象に付される記録だが、捕手のスキル、とりわけ手前でワンバウンドするボールを体を張って止め、前に落とす技術の高さにも大きく左右される。

 昨季は、嶺井(先発出場61試合)、黒羽根利規(同42試合)、高城俊人(同40試合)の3捕手が併用された。端的に言えば「正捕手不在」。新任のアレックス・ラミレス監督が、当初から捕手の見極めに時間を割いたのは当然の成り行きだった。

 2016シーズンの開幕を間近に控えた3月8日、球団は横浜市内の商業施設で、ファンを集めての壮行会を開催した。その目玉は「現時点でのベストオーダーを発表!」。ラミレス監督の呼びかけに応じて、1人ずつ選手が壇上へと姿を現す。「7番・セカンド 飛雄馬」に続いて、新指揮官は高らかに捕手の名を読み上げた。

「ハチバン、キャッチャー、トバシーラ!」

【次ページ】 「スッパマン!」アピールは謎だったが定位置確保。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
戸柱恭孝
アレックス・ラミレス
嶺井博希
黒羽根利規
高城俊人

ページトップ