スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

過去のデータを覆し続けるイチロー。
42歳で果たした「V字回復」の裏側。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/03 11:00

過去のデータを覆し続けるイチロー。42歳で果たした「V字回復」の裏側。<Number Web> photograph by AFLO

2010年を最後に打率3割には届かずにいるが、今年はここまで3割をゆうにこえて3割4分の高打率を残している。

過去のデータを覆しつづけるイチロー。

 イチローの場合、年齢的な因子が足を引っ張り、期待される数値は芳しくない。成績予想で定評のあるクレイ・ダベンポート氏は、イチローの2016年の成績をこう予測した。

打数 284
安打 71安打
打率 .250

 この数値は、近年のイチローの成績、そして過去に同じようなタイプの選手が、その年齢に達したときにどのような結果を残していたかによってはじき出される。決して、主観的なものではなく、データをベースに算出されている。

 今季の成績を見る限り、イチローはこれまでのデータを覆していると言っていい。

 すでに42歳になっているイチローの場合、参考にすべき選手が少なくなっており、数字に振れ幅が出てくるのは当然だが、あえて参考にするなら、日本ではいろいろと物議をかもしているピート・ローズということになる。

ローズは44歳までメジャーで活躍するレベルだった。

 今後のイチローの成績を予想するためにも、ふたりの40歳以降の成績を比べてみよう。

 ローズの場合、40歳のシーズンに140安打を打ち、これはリーグトップの数字だった(シーズン短縮だったため、少ない)。もう、バリバリの現役である。

 しかし41歳のシーズンに打率が急降下し、42歳では打率が2割4分5厘にまで下降してしまう。限界説が流れたと記憶するが、43歳、44歳と持ち直していることに驚く。43歳で打率2割8分6厘、44歳では出塁率が4割近くまでアップしており(四球を多く取っている)、不惑を超えた自分なりの打撃を発見していることをうかがわせる。

 ローズは44歳まではメジャーリーグで十分に活躍できるレベルの選手だったことがデータから見て取れるのだ。

【次ページ】 動体視力が衰えるはずの年齢で四球を増やす驚異。

BACK 1 2 3 NEXT
イチロー
ピート・ローズ
マイアミ・マーリンズ

ページトップ