Number ExBACK NUMBER

宇佐美貴史が考える、
「EUROで一番うまいヤツ」。

posted2016/06/16 14:30

 
宇佐美貴史が考える、「EUROで一番うまいヤツ」。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

日本の誇る点取り屋は、EUROの注目する選手について、対戦経験や共にプレーした経験を交えながら熱く語ってくれた。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「ボールの置きどころ。それでわかりますね」

 いま観るべきうまい選手は誰なのか?

 EURO2016をとことん楽しむヒントを探ろうと、ドリブルが一番うまいヤツは誰? トラップが一番うまいヤツは? シュートが一番うまいヤツは? あるいはパスをもらってみたいヤツは? ……そんな質問リストを携えてNumber904号(「EURO 2016 FRANCE 日本代表が語る優勝国予想。」)の取材のため、ガンバ大阪の練習場を訪ねた。

 多くのサッカーファンはもちろん、多くのJリーガーが口を揃える“うまいヤツ”宇佐美貴史の視点を拝借するためだ。

「ボールの置きどころ」が一番参考になる理由。

 そこで冒頭のコメント。“そもそも、こいつはうまいなという雰囲気は、いったいどこを観て感じ取っているのか?”、そんな抽象的な質問に、宇佐美は「ボールの置きどころ」と単刀直入に即答した後に続けた。

「例えば、バイエルンの練習でよく対戦したラーム(元ドイツ代表)。もう置きどころが絶妙すぎて、無理して突っ込むと逆にいる、また無理してついていこうと思うともう逆にいる。ユニフォームを引っ張ることすらできないほどなんです。あの身長とあのスピード、あのフィジカルなのに1対1も強い。結局それは頭がいいから。その意味で、ボールの置きどころは一番参考になるので、ラームにはサイドハーフとかもやって欲しいぐらいです。いったいどうやって仕掛けるのか、めっちゃ観たい」

 残念ながら、ドイツ代表を引退したラームを今回のEUROで観ることはできない。だが、普段から欧州サッカーを頻繁にチェックする宇佐美の口からは、質問を重ねるたびにEURO出場選手の名がよどみなく出てきた。2011年から2シーズン在籍したブンデスリーガに加えて、最もよく観ているというプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、セリエAからも。

【次ページ】 予定を越えてヒートアップするトーク。 

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
宇佐美貴史
フィリップ・ラーム
アントニー・マルシャル

ページトップ