セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

現在のセリエAで最も強いチーム!
サッリとイグアインが導くナポリ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/11/05 10:30

現在のセリエAで最も強いチーム!サッリとイグアインが導くナポリ。<Number Web> photograph by AFLO

アルゼンチンの誇るスーパーFW陣の一角、イグアインが今季は完全復活した。

マラドーナの批判にも「知ってもらい光栄」。

 ただし、新指揮官の打つ手が最初から何もかもうまくいったわけではない。

 ビッグクラブで初めて指揮を執るサッリは、キャンプからトップ下を置く4-3-1-2を試してきた。しかし、フロントがMFサポナーラ(エンポリ)の獲得に失敗し、エンポリから連れてきた司令塔バルディフィオーリも新天地への適応に苦しんだ。

 開幕から数戦、結果が出なかった頃、ついにはあのマラドーナから「サッリはナポリを率いるのに値しない監督。今季のナポリは、中位に留まることすら苦労するだろう」と手厳しい批判まで届いた。

 指揮官はトップ下を使うアイデアをすっぱり諦めた。4-3-3へスイッチしたブルージュとのEL初戦を5-0で大勝したことで、監督にも選手たちにも“この新戦術はいける”という手応えが生まれた。

 MFハムシクは左サイドハーフへコンバートされ、MFジョルジーニョは中央のレジスタへ。リーグ屈指の“ボール奪取職人”MFアランとともに形成されるナポリ中盤の完成度はゲーム毎に高まっている。

 昨年に負った右膝前十字靭帯断裂の大怪我から復帰してきたFWインシーニェも、ペスカーラ時代に慣れ親しんだ3トップに戻ったことで、ゴール前の感覚を取り戻した。すでに得点ランク3位の6ゴールを挙げている。

 人材再生の確かな手腕を発揮しつつあるサッリは、マラドーナから受けた批判を「自分の名前を彼に知ってもらえているだけで光栄」と軽くいなした。

「結果を出して、マラドーナの考えを変えてみせるさ」

各々がやるべき仕事をする「いいチーム」。

 現役時代の名声も後ろ盾も、何も持たない異端派のサッリが、ナポリの“神様”に自身の存在を認めさせるには、やはり何らかのタイトルを獲得してみせるしかないだろう。

 '87年にクラブへ最初のスクデットをもたらした名将ビアンキは、現在のチームを「ウイングはウイング、レジスタはレジスタ。各々がやるべき仕事を完遂する、いいチームだ」と称賛する。

「サッリは下手な小細工を弄せず、適切な選手たちをあるべきポジションに置いた。特にイグアインをうまく乗せたのが大きい。優勝は可能だ」

【次ページ】 下世話な語り口、ジャージ姿も愛される一員。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ナポリ
マウリツィオ・サッリ
ゴンサロ・イグアイン

ページトップ