メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

ブンデスリーガを数字で見る。
ドルトムントの走行距離に変化アリ。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2015/11/05 14:30

ブンデスリーガを数字で見る。ドルトムントの走行距離に変化アリ。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

香川真司の所属するドルトムントはポゼッション型に移行していることが数字からはっきり見て取れた。

ブンデスリーガで戦う日本人選手の最新事情が満載の
メルマガ「ミムラユウスケのブンデス日本人戦記」
中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ●今週の目次
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 【1】ブンデスリーガ第10節:ドルトムントvs.アウクスブルク
      香川真司「やっているサッカーも魅力的でホントに充実している」

 【2】ドイツカップ2回戦:ドルトムントvs.SCパーダーボルン
      香川真司「インサイドハーフでもタイミングよく前に入れている」

 【3】10試合を終えて……数字で見るブンデスリーガ!
      ~トゥヘル・スタイルでの変化? ドルトムントの走行距離~


○●―――――――――――――――――――――――――――――――●○

 【3】10試合を終えて……数字で見るブンデスリーガ!
      ~トゥヘル・スタイルでの変化? ドルトムントの走行距離~

○●―――――――――――――――――――――――――――――――●○

 ここで、ブンデスリーガ第10節までの各チームのデータを紹介する。

<平均走行距離>
1位  マインツ      118.4キロ
2位  ボルシアMG     117.2キロ
3位  ケルン       115.4キロ
3位  ヘルタ       115.4キロ
5位  ハノーファー    115キロ
6位  インゴルシュタット 114.3キロ
   レバークーゼン   114.3キロ
   シュツットガルト  114.3キロ
9位  ホッフェンハイム  114.1キロ
   ハンブルガーSV   114.1キロ
11位 シャルケ      113.6キロ
12位 ダルムシュタット  113.1キロ
13位 フランクフルト   112.8キロ
14位 ヴォルフスブルク  112.4キロ
15位 ブレーメン     111.9キロ
16位 ドルトムント    111.8キロ
17位 アウクスブルク   111.2キロ
18位 バイエルン     110.7キロ

◇   ◇   ◇

<平均ボール支配率>
1位  バイエルン     67.6%
2位  ドルトムント    58.3%
3位  ヴォルフスブルク  56.2%
4位  レバークーゼン   55.3%
5位  ボルシアMG     53.4%
6位  シャルケ      52.2%
7位  フランクフルト     49.8%
8位  シュツットガルト   49.5%
9位  ヘルタ       48.6%
10位 アウクスブルク   48.3%
11位 ハンブルガーSV   48%
12位 マインツ      47%
13位 ホッフェンハイム  45.8%
14位 ハノーファー    45.5%
   ケルン       45.5%
16位 ブレーメン     45.4%
17位 インゴルシュタット 44.9%
18位 ダルムシュタット  34.5%

◇   ◇   ◇

 バイエルンがボール支配率で圧倒し、ほぼ相手陣内で試合を進めているからこそ、走行距離が短くなっているのは例年通り。これまでと大きく異なるのは、ドルトムントのデータだ。リーグを連覇したときにはその豊富な運動量と走行距離の長さが話題になることが多かったが、今シーズンの場合は走行距離が3番目に少なく、ボール支配率は2番目に高い。トゥヘル監督が就任してからポゼッション型のサッカーに移行していることがはっきりとわかる。

【次ページ】 奮闘しているダルムシュタット、心配なマインツ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
香川真司
ボルシア・ドルトムント
トーマス・トゥヘル

ページトップ