メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

福西崇史が語る格上相手の戦い方。
'05年コンフェデ杯ブラジル戦を例に――。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/10/02 14:45

福西崇史が語る格上相手の戦い方。'05年コンフェデ杯ブラジル戦を例に――。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「福西崇史の『考えるサッカー』」、配信は毎週月曜日の予定です。

相手のミスが増える状況を作る。

――番狂わせって「試合前の準備」と「試合をやっている時の手応え」両方が噛み合って初めて起きる可能性があるのかなあと思います。

福西:それは間違いない。例えば「相手はしっかりボールを回してくるし技術は高いけど、前から潰していこう」っていうゲームプランがハマれば、相手が動揺するよね。その動揺が個人からチーム全体に広がれば、ミスは増えてくる。逆にオレたちは“練習通りのプレー”ができているから、どんどんスムーズにプレーすることができるんだよね。

――ブラジル戦でも、同じような状況があったかと。

福西:事前ミーティングの時点で「ブラジルは後ろからじっくりとつないでくる」というのは頭に入ってたよ。あの試合に関しては茂野くんが言った、やっている時の手応えの方が大きかったかな。チーム全員で「相手はこのプレーを選択してくるだろう」ってのが分かり合えていたんだ。

個人の能力が高い相手にも対応しやすくなる。

――ほほう。

福西:もちろんカカやロナウジーニョ、ロビーニョとアドリアーノとかのアタッカーは強烈で、一瞬でも気を抜いたらやられてしまう危機感はあったよ。でも個人の能力が高いとはいえ、予測通りのプレーをしてきてくれるなら、こっち側も身体が反応しやすくなるんだ。

――予測通りのプレーというと……「ドリブルが得意なロビーニョは、どんどん仕掛けてくる」といったことですよね。

福西:予測がつきやすいのは相手の仕掛けだけじゃなくて、こっちが攻撃を仕掛ける時もあるんだ。例えば「このマーカーはけっこう食いついてくるタイプだ」ってのがあるよね。こっち側の戦略にハマって相手が慌てれば、その傾向がより出てくる。そうなってくれば、オレたちがボールを持っている時に裏をかいたプレーでズラしやすくなる。だから、試合自体はカウンターを狙う機会が多かったけど、カウンターを狙うタイミングも一致させやすい。それだけでなく、自分たちから仕掛ける攻撃が何回かできたんだよね。

◇   ◇   ◇

この他にも、番狂わせを起こすための更なるコツ、ブラジル戦で感じたロナウジーニョの“尻”のすごさについてなど、縦横無尽に語り尽くした福西さん。
この続きは、メルマガNumber「福西崇史の『考えるサッカー』」
ぜひお読みください。

福西崇史の『考えるサッカー』
BACK 1 2 3
福西崇史

ページトップ