メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

福西崇史が語る格上相手の戦い方。
'05年コンフェデ杯ブラジル戦を例に――。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/10/02 14:45

福西崇史が語る格上相手の戦い方。'05年コンフェデ杯ブラジル戦を例に――。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「福西崇史の『考えるサッカー』」、配信は毎週月曜日の予定です。

元日本代表ボランチがサッカーの現在を赤裸々に語る
メルマガ「福西崇史の『考えるサッカー』」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

<目次>

【1】《福西と茂野のキックオフ前? 雑談》(1)
    ~ アビスパ福岡の前座試合出場、きっかけはS級講習会 ~

【2】《福西と茂野のキックオフ前? 雑談》(2)
    ~ 未就学児でもサッカーセンスある子、いますよね ~

【3】《サッカーにおける「番狂わせ」のプロセス》Part.2(1)
    ~ '05年コンフェデ杯、ブラジル戦を振り返る ~

【4】《サッカーにおける「番狂わせ」のプロセス》Part.2(2)
    ~ 「自分たちの良さを出す」と同時に「相手の良さを消す」 ~

【5】《サッカーにおける「番狂わせ」のプロセス》Part.2(3)
    ~ マッチアップして凄かったロナウジーニョの「お尻」 ~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
【3】《サッカーにおける「番狂わせ」のプロセス》Part.2(1)
--------------------------------------------------------------------------------------
    ~ '05年コンフェデ杯、ブラジル戦を振り返る ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

――さてさて、今回の考えるサッカーですが、前回に続き「番狂わせ」をテーマに話を進めていきましょう。

福西:オッケー。

――ドイツW杯こそ残念な結果に終わってしまいましたが、福西さんが日本代表に名を連ねていたジーコジャパンの時って、強豪国と競った試合が多かったですね。

福西:確かに。本大会前のドイツ戦(△2-2)、アウェーで戦った'04年のイングランド戦(△1-1)とか……でもイングランド戦は最後に出ただけだからなあ。でもベンチから見てても(小野)伸二が奪ったゴールは素晴らしかったよね。サイドから崩して、イングランドの裏をかきつつ、日本の良さが出たゴールだったと思う。

――でも一番の驚きは……。

福西:やっぱり'05年コンフェデのブラジル戦になるんじゃないかな。

――ですね。

'05年コンフェデ杯・ブラジル戦をプレーバック。

<日本代表先発メンバー>
GK 川口能活
DF 田中 誠、宮本恒靖、三都主アレサンドロ、加地 亮
MF 中田英寿、小笠原満男、中村俊輔、福西崇史
FW 玉田圭司、柳沢 敦
<選手交代>
ハーフタイム:小笠原→中田浩二、玉田→大黒将志
73分:柳沢→鈴木隆行

<ブラジル代表先発メンバー>
GK マルコス
DF ルシオ、フアン、レオ、シシーニョ
MF ロナウジーニョ、カカ、ゼ・ロベルト、ジウベルト・シルバ
FW ロビーニョ、アドリアーノ
<選手交代>
62分:アドリアーノ→レナト、カカ→ジュリオ・バティスタ
78分:ゼ・ロベルト→エドゥ

【次ページ】 ジーコジャパン最高の試合。

1 2 3 NEXT
福西崇史

ページトップ