私とDo 特別編BACK NUMBER

<登山の宿泊、どうしてる?> 山小屋テントあるある鼎談 ~鈴木みき×小林千穂×ジュン・オソン~ 

text by

吉川明子

吉川明子Akiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2015/08/25 10:30

<登山の宿泊、どうしてる?> 山小屋テントあるある鼎談 ~鈴木みき×小林千穂×ジュン・オソン~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
山を愛してやまない3人が山小屋泊とテント泊にまつわる
あるある話を大披露。それぞれのメリットやデメリット、
失敗談から恋愛話まで。さらに愛用しているテントや
おすすめの山小屋など情報満載です。

好評発売中の雑誌Number Do 『わたしのホーム・マウンテン』より、
登山での宿泊よもやま話を一部公開します!

――みなさんはプライベートではテントと山小屋、どちらをよく利用されますか?

鈴木   まず「値段が違う」という根本的な違いがあります! 山小屋は食事付きで1万円近くするけど、テントは1000円くらい。だから取材や仕事なら山小屋に泊まらせてもらうけど、自腹だとテントかな(笑)。

小林   山や行く時期、メンバーによって使い分けるかな。山小屋だと山小屋のある場所にしか行けないし、冬は営業していないところもあるので、テントの方が登山の選択肢が多くなる。プライベートではテント泊が圧倒的に多いけど、あまり1人では行かないな。

テント泊は1人で? それとも仲間と一緒に?

ジュン   僕もテント。山小屋だと眠れないんです。奥さんと一緒でも、テントは基本的に別々。2月に男友達3人で硫黄岳に行ったんですけど、この時初めて奥さん以外の人と同じテントで寝ました。でも気心が知れたメンバーだったので、合宿みたいで楽しかった!

小林   奥さんとでも別々のテントなんだ!

ジュン   テントで人と一緒だと、本を読みたくても電気をつけられないとか、寝返りで起こしちゃうかなとか、いろいろ考えちゃってすごく緊張しちゃうんです。

鈴木   私は誰かが大きいテントを持っていたら、積極的に一緒に寝る派ですね。でも、プライベートでは1人で山に行くことが多いので、基本的に1人テント泊なんですけど。

小林   テントで友達と一緒に泊まるのって、すごく特別な時間。ご飯を作って、夜ずっと喋っているうちに友達との絆が深まるのは、狭いスペースで一緒に過ごすからだと思うんです。山小屋では味わえない、濃密な時間を持てるのがテントの良さかな。

――テントでも山小屋でも、ちゃんと寝られるかどうかは気になるところですよね?

ジュン   どこでも寝られる人は強いです。

鈴木   私は山小屋もテントもあまり寝られないかも。緊張しているのかな?

小林   私はどこでも爆睡できる!

ジュン・鈴木   羨ましい!

【次ページ】 最初の頃は眠れないことが不安だったけど……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
私とカラダづくり

ページトップ