松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

絶不調を脱するまでの1週間の会話。
松山英樹「やった! まだ練習できる」 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2015/08/12 10:50

絶不調を脱するまでの1週間の会話。松山英樹「やった! まだ練習できる」<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

最終日はフィル・ミケルソンと同組でラウンドした松山英樹。絶不調と言っていい状態でも予選は突破し、最終日に順位を上げてくる。その地力は完全にトッププロのそれだ。

 ブリヂストン招待2日目の昼下がり。誰もいない練習グリーンの上で、松山英樹はいつまでも球を転がしていた。ファイアストンの練習グリーンを独り占め? いや、そんなふうに羨ましがられるような状況ではない。

「ここまで調子が悪いのは久しぶり。どうにかしたい……」

 松山は、珍しく苦しんでいた。

 初日の14番でチップインバーディーを奪った時点で4位タイ。滑り出しは上々に見えたが、それが騙し騙しのプレーであることを松山は感じ取っていた。

「後半になって不安が出た。それが最後にああやって曲がることになった」

 18番はドライバーショットを大きく右に曲げ、ダブルボギーフィニッシュは彼の順位を14位へ後退させた。

 2日目はさらにショットが悪化した。

「フェアウェイに行かないし、グリーンに乗らない。このゴルフでは、しんどい」

 75を叩いて49位へ後退。「自分ではそこまで悪いと思ってなかったのに、何でかな?」

 16番の3打目も「池に入れるようなショットではなかったのに、何でかな?」

 翌週に全米プロを控えた大事な時期に、不意打ちをかけるように襲ってきたショットの不調。「どうにかしたい」一心で、松山はホールアウト後、休憩も取らずに練習場へ直行した。

「ま、静かに回れるから、いいっしょ!」

 パットも好調だったわけではない。

 だが、2日目は「昨日よりミスパットが少ないし、惜しいのもたくさんあった」。

 そう思えたからこそ、ショット練習の後は黙々とパット練習。不調の中でも自暴自棄にならず、少しでも光明を見出して生かそうとするところは松山の良さだ。

 すでに2時間以上、夢中で練習し続けていた。数分前に発表された全米プロの組み合わせは、まだ知らないだろう。そう思って、組み合わせ表をスマホ画面で見せた。

 早朝2組目の6時55分スタート。ブレンダン・スチール、それにクラブプロのヨハン・コクと同組という地味な組み合わせ。誰と一緒でもプレーに影響があるわけじゃない。だが、注目選手どうし、いい緊張感の下でプレーしたいという想いはある。それに早朝2組目は米ツアーなら新人やランク下位の選手たちの定位置だ。表を見た瞬間、松山の表情は明らかに曇った。だが、彼はすぐさま気持ちを切り替えて明るくこう言った。

「ま、静かに回れるから、いいっしょ!」

【次ページ】 パッティングは「最後はどうしようもない」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
勝負を決める108mm
ゴルフ全米プロ選手権

ページトップ