松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹、英語を公の場でお披露目?
咄嗟にでた「Fore, Right」の一言。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2015/08/06 16:30

松山英樹、英語を公の場でお披露目?咄嗟にでた「Fore, Right」の一言。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

サインを待つ子供たちに自ら歩み寄り、最近は言葉を交わすことも増えてきたという松山英樹。身につけた英語力は彼のゴルフ、そして人生をより豊かなものにしていくことだろう。

「いやあ、2年ぐらい前と比べたら、格段に上達していて、びっくりしたよ」

 オハイオ州アクロンのファイアストンCC。松山英樹についてそう言って絶賛したのは、インド出身のアニルバン・ラヒリだった。

「ゴルフももちろんだけど、ヒデキの英語の上達ぶりが、すごい。2年前より格段にコミュニケーションが取れるようになっていて、今日の練習ラウンドはとても充実していて楽しかったよ」

 今週6日から開幕する世界選手権シリーズのブリヂストン招待は、世界のトッププレーヤー80名(注:故障で3名が欠場し、実際は77名)だけが出場できる少数精鋭のエリートフィールドだ。

 現在、世界ランキング2位のジョーダン・スピースが今大会で優勝すれば、故障で欠場中のローリー・マキロイを抜いて王座に就く可能性は高い。そして来週にはシーズン最後のメジャー大会、全米プロが控えている。その先には、米ツアーのフェデックスカップ・プレーオフ4試合も控えている。このブリヂストン招待から弾みをつけ、好調の波に乗って全米プロ、プレーオフへ挑むというのが選手たちにとって理想的な流れだ。

 松山にとっても、もちろん今大会はシーズン終盤をいい形で締め括る上で大事な位置付けにある。全英オープン終了後、大急ぎで帰国してダンロップ・スリクソン福島オープンに出場した松山は、1週間のオフを経て先週末にオハイオ州へ現地入り。英国、日本、米国と長距離移動を繰り返してきたが、疲れを見せるわけでも緊張を見せるわけでもなく、視線が合うと、「あ、元気っすか?」と自分から笑顔で声をかけてきた。

松山が最終調整日に一緒にラウンドした相手は?

 すでに日曜日から3日間練習を重ね、この日は後半の9ホールを回って開幕前の最終調整。そのつもりで10番ティに向かうと、そこにたまたま現われたのが、松山と同じスリクソンの契約選手であるラヒリだった。

 ラヒリは、日本ではあまりお馴染みではないだろう。アジアツアーから欧州ツアーへ渡り、現在も欧州を主戦場にしているラヒリは、米国でも無名に近い存在だ。だが、名前こそ知られておらずとも、彼は2007年のプロ転向以来すでに15勝を挙げ、今季は欧州ツアーで早々に2勝。世界ランキング52位に付けているトッププレーヤーだ。

【次ページ】 コース攻略について英語で相談しあう2人。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹

ページトップ