Number ExBACK NUMBER

師弟対談 清原和博×中村順司
KK世代の重圧とPLチャーハン。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTomoyuki Honda

posted2015/08/14 10:30

師弟対談 清原和博×中村順司KK世代の重圧とPLチャーハン。<Number Web> photograph by Tomoyuki Honda

「僕の故郷は福岡県の中間市。高倉健さんと仰木彬さんが生まれたところでね。僕は仰木さんに憧れて野球を始めて、同じ東筑高校に進む予定だったけど、中3の時にPLのセレクションを受ける機会があって、大阪に行くことになった。その仰木さんが、君の引退の花道、最後の男道をオリックスで作ってくれた。嬉しいなあ、ありがたいなあ、と思って、生前にお礼を申し上げたことがあります」

 対談の終盤にさしかかったころ、年を重ね、顔立ちが幾分まるくなった中村順司さんはこう話すと、目の前に座っているかつての教え子に柔らかな笑顔を見せた。

「ありがとうございます」

 清原和博さんは、あまり周囲に見せたことのなさそうな、照れくさそうな顔をして、言葉を返した。

「仰木さんは入団交渉のとき、僕がずっと痛めている膝のことを、1回も聞かなかったんです。『なんで僕なんですか。僕の年俸で元気な外国人を獲ったらいいじゃないですか』って言っても……」

「そういう人、そういう人。仰木さんは、そういう人なんだよ」──

1年生の清原をレギュラーに起用した意外な理由。

 清原さんと、1998年までPL学園高校野球部を率いた名将中の名将、中村さんとの対談は意外にも今回が初めて。高校野球100年という節目の年のNumber883号「夏の甲子園 百年の青春」にふさわしい豪華企画となった。

 PL野球部の強さの秘密、KK人気の過熱ぶり、厳しい寮生活の実態、そして、苦境に立たされた今の野球部への思い──2人の話は多岐にわたったが、ここでは、こぼれ話をいくつか紹介しよう。

 まず、清原さんはなぜ1年でレギュラーを獲得できたのか。

 中村さんは、あっけらかんとこんな話をしてくれた。

「あの年(1983年)、上級生の身長はずいぶんと低くてね。キャッチャー森上が170(cm)ぐらい、セカンド住田は165、6しかないし、ショート朝山が168、サード山中で170いくかいかないか──そこでファーストにごっついやつがおったら、このちいちゃい選手たちを大きく見せられるかなと思ってね。清原、184、5ぐらいあったよな?」

「はい」

「まあ、それだけじゃなくてね(笑)。ちゃんと練習試合で仲田くん(幸司、興南高、のちに阪神)から二塁打を打ったし、守備も上手だった。打てても守備がダメならレギュラーにはなれません」

 一瞬「そこですか?」と突っ込みたくなったが、攻守ともに実力があってこその抜擢だった。

 もう一つ意外だったのは、中村さんにとっては、KK世代の頃が一番、指導者として苦しい時期だった、ということ。

【次ページ】 「これから甲子園全部勝ちます」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
清原和博
中村順司
PL学園
甲子園
全国高校野球選手権大会

ページトップ