野ボール横丁BACK NUMBER

徹底したインコース攻めも本塁打に!
清宮幸太郎は全く“がばらない”打者。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/17 15:30

徹底したインコース攻めも本塁打に!清宮幸太郎は全く“がばらない”打者。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

親指の付け根を痛め、テーピングをした中でのホームラン。一年生で甲子園2本塁打を放ったのは1983年の桑田真澄以来2人目となる。

 驚くべき言葉がもれた。

「ちょっと(バットの)先っぽだったので……」

 2-0と早実のリードで迎えた4回裏。先頭打者の3番・清宮幸太郎は、やや真ん中よりのインコース低めの直球を、低いライナーで、観客に「鑑賞時間」をほとんど与えないままライトスタンド前列へ運んだ。

 そのホームランに関する第一声が、冒頭の言葉である。

 試合前、元プロ野球選手でもある九州国際大付の監督・楠城徹は、前3回戦で初本塁打を記録し注目度が上がる清宮に対しインコース攻めを宣言していた。

「鉄則ですから、インコースは。外、外、外で抑えられるバッターではない」

 3回戦で早実とぶつかった東海大甲府の監督・村中秀人も、同様にインコースを攻めさせると語っていたが、実際は、突き切れていなかった。

 楠城も東海大甲府戦の映像を見たという。

「(東海大甲府バッテリーは)逃げていましたね。打者に踏み込まれたらピッチャーの負けなんです。バッターの足元を動かしたり、顔を動かしたりするのが、ピッチャーの“術”ですから」

痛みも忘れてバットを一閃した第2打席。

 清宮の第1打席、九州国際大付の先発投手・野木海翔は、それを実践した。

 初球、ストレートで膝元を突き、清宮は大きく膝を引いて避けた。カウント3-1からの5球目、野木は今度はインハイを突く。清宮は顔をそむけ、上体を仰け反らせながら、止めたバットに当たる中途半端な投ゴロに。

 本来とは違うポイントでバットにボールが当たったため、その打席で清宮は親指の付け根を痛めてしまう。次の回から、テーピングを巻いて出てきたほどだ。

 4回裏の第2打席。打席に入る前に素振りをしたときは、痛みを感じた。しかし、打席に入ったときは、もはや忘れていたという。

「アドレナリンですね」

 初球、「体の近くにくると思った」という清宮が、バットを一閃。快音、初速ともに、打った瞬間にそれを確信する当たりだった。

【次ページ】 「自分のホームランはああいうのが多い」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
早稲田実業
甲子園
全国高校野球選手権大会

ページトップ