オリンピックへの道BACK NUMBER

野球に空手、ボウリング、綱引き……。
東京五輪で新採用される競技はどれ!? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2015/05/31 10:00

野球に空手、ボウリング、綱引き……。東京五輪で新採用される競技はどれ!?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

多くの流派やルールがあるとみなされている空手。世界中で統一したルールの下で戦う性別を問わないスポーツとしてどこまで世界にアピールできるか?

 千載一遇のチャンス到来に、多くの競技団体が名乗りをあげている。

 2020年の東京五輪での採用を目指す、非オリンピック種目の団体だ。

 発端は、夏のオリンピックで定められていた「28競技」という上限が撤廃されたことだ。その上で、選手数を1万500人以内、310種目を上限とし、開催都市が実施競技・種目の追加を提案できるようになった。つまり、東京五輪では、新たに採用される競技が出ることが濃厚となったのだ。

 すると、手をあげる競技団体が数多く現れた。どうしても、オリンピック種目であるのとそうでないのとでは、競技の認知、普及などで大きな違いがある。そこで、さまざまな競技団体が、採用を目指して動いてきた。

ペロータ、コーフボール……コレってナニ!?

 ではどのように、競技・種目は絞り込まれていくのだろうか。

 日程はこのようになっている。

6月8日、応募書類提出期限

6月22日、1次選考を通過した国際競技団体を発表

7月22日、質問事項提出期限

8月初旬、ヒアリング

9月30日、国際オリンピック委員会(IOC)への提案種目提出期限

 こうした流れを経て、2016年8月、IOC総会で正式に決まる。

 立候補できる競技は、IOCが承認する競技団体に限られる(冬季競技は除外される)。そのすべて、計33団体に応募書類が送付されたが、どのような競技があるのか。

 水中スポーツ、ブールスポーツ、滑空、自動車、チェス、オートバイ、ポロ、ペロータ、ローラースポーツ、クリケット、アメリカンフットボール、フロアボール、相撲、スポーツクライミング、コーフボール、ライフセービング、ネットボール、オリエンテーリング、ラケットボール、サーフィン、武術、水上スキー、綱引き、山岳、ジェットスキー、ボウリング、ブリッジ、野球・ソフトボール、ビリヤード、ダンススポーツ、フライングディスク、空手、スカッシュ。

 おそらくは、知らない競技も多数あるのではないか。

【次ページ】 復活に向けて具体策を打ち出す野球とソフト。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
泉宗心音
東京五輪
オリンピック

ページトップ