Jをめぐる冒険BACK NUMBER

佐藤寿人が中村憲剛を徹底マーク!?
広島は“らしさ”よりも勝利を選ぶ。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/10 10:50

佐藤寿人が中村憲剛を徹底マーク!?広島は“らしさ”よりも勝利を選ぶ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

J1通算得点ランキング1位の中山雅史は157点。佐藤寿人にとっては、飼い犬に「ゴン」と名前をつけるほどの憧れのストライカーだが、記録の上では既に視界に捉えているといえる。

 ゴールデンウイーク最終日に行なわれた川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島。

 川崎のコントロールタワー、中村憲剛がボールを持つたびに執拗に追いかけ、簡単にパスを出させまいとした広島の選手がいた。

 それが、青山敏弘や森崎和幸といった中盤の選手や、2シャドーの柴崎晃誠であれば驚くこともない。だがその選手は、広島の誇るエースストライカー、佐藤寿人だった――。

「もう、マンツーマンですよ。今日はまるでボランチのようでしたね」

 この日、シュートゼロに終わった広島の背番号11は、そう言って苦笑した。

「そりゃ、キツイですよ。シュートも打ってないし」

「(監督の指示ではなく)自分の考えですね。川崎対柏の映像を見たら、大谷選手が憲ちゃんをタイトにマークして、川崎の攻撃力を半減させていた。だったら1-0でリードしていたし、自分がハードワークして抑えに行こうと」

 佐藤はこれまでJ1で147ゴールをマークし、通算得点ランキングの3位に立っている。同じピッチには、7点差にまで迫ってきている大久保嘉人がいた。その目の前でゴールを奪い、差を広げたい思いもあっただろう。

 また彼は、2004年から11年連続二桁ゴールという大記録を継続中でもある。今季はまだ2ゴールしか奪えていない。ゴールへの飢えは、半端なものではなかったはずだ。

 しかし、彼はフォア・ザ・チームに徹した。

「そりゃ、キツいですよ。シュートも打ってないですし。個人の記録を考えたらフラストレーションは溜まりますけど、そんなことは言っていられない。チームが勝つために何が必要か。それがハードワークなら、ハードワークするだけ。もちろん、0-0なら狙いに行きましたけど、今日は勝っていましたから」

 チームのために奔走したストライカーは、早くも54分に20歳の浅野拓磨と交代し、それから36分間、ベンチから戦況を見守った。

 4月18日から始まった、週2ペースで試合が続く公式戦7連戦。6試合を終えた時点で、この過密スケジュールを全勝で駆け抜けている唯一のチームが、広島だ。

 J1では7勝1分け2敗の成績で3位に浮上し、首位・浦和レッズとの勝ち点差を1まで縮めた。ナビスコカップのAグループでも、1勝2分けで2位の好位置につけている。

【次ページ】 主力選手流出の影響は決して小さくない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サンフレッチェ広島
川崎フロンターレ
佐藤寿人
中村憲剛
水本裕貴
塩谷司

ページトップ