JリーグPRESSBACK NUMBER

ACLでなぜ日本勢は苦戦するのか?
城彰二が指摘する、3つの理由。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/09 10:50

ACLでなぜ日本勢は苦戦するのか?城彰二が指摘する、3つの理由。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

2敗1引き分けからの3連勝でベスト16進出を決めたガンバ大阪。昨年J三冠のチームでさえ苦戦を強いられているのだ。

  ACLのグループリーグ、日本勢はガンバ大阪と柏レイソルが首位通過を果たしてベスト16に進出したが、浦和レッズと鹿島アントラーズはグループリーグ最下位で敗退した。日本サッカー協会、Jリーグからのサポートを受けてのACL挑戦だったが全4チームでの決勝トーナメント進出は叶わず、むしろ非常に苦戦する様が目立った。

  逆に韓国は出場した4チーム、すべてがベスト16進出を果たした。なぜ、日本のチームはACLで苦戦し、勝てないのか。今シーズン、ACLの解説などで4チームの戦いを見てきた城彰二に話を聞いた。

 ACLで日本勢が苦戦し、浦和や鹿島という日本のトップクラブが勝ち抜けなかった大きな要因は、まずスケジュールでしょう。

 リーグ戦の開幕前にスタートするACLは、それまでにチームを作り、コンディションを上げていくのが非常に難しい。実際、最終戦で城南FCに勝ってグループリーグ突破したガンバ大阪は最初は調子が上がらず2連敗を喫し、鹿島も3連敗しています。

 では、柏レイソルが、なぜ順調に戦えたのかというと、ACLのプレーオフがあったから。本大会に出場するために厳しいプレーオフを戦って勝たなければいけなかったので必然的にチームの仕上がりを早める必要がありました。ACL初戦のアウェイの全北現代戦は引き分けましたが明らかにガンバや浦和、鹿島とはチームの仕上がり具合や選手のコンディションが違っていました。

 柏は始動を早めざるをえない事情があったがゆえに、結果的に他の3チームよりもいいコンディションで戦うことができましたが、それでよしとしていては今後も日本のチームが苦しむ展開がつづくと思います。ACLを本気で取りに行くには世界のサッカーカレンダーに合わせて秋春制にするとか、スケジュールの問題をもっと丁寧に考えていかないといけないでしょう。

【次ページ】 2つ目のポイントは、FWの質。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
柏レイソル
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
レアンドロ
パトリック

ページトップ