モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

7戦ぶりの勝利は、完全復活なのか。
元王者・ロレンソの天敵は「雨」。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/05/09 10:40

7戦ぶりの勝利は、完全復活なのか。元王者・ロレンソの天敵は「雨」。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

母国スペインGPの表彰台の頂点で、久しぶりの勝利の大ジャンプ。その高さは衰えを感じさせないものだったが……。

 カタールGPからアメリカズGP、さらにアルゼンチンGPと続いた大陸移動の3戦を終えて、MotoGPはヨーロッパへと舞台を移した。

 その最初のレースとなった第4戦スペインGPで、開幕から3戦表彰台に立てなかったJ・ロレンソが、ポール・トゥ・ウインを達成した。

 PPは昨年のサンマリノGP以来、9戦ぶり。優勝は日本GP以来、7戦ぶりのことだった。

 連日30℃を超える猛暑という厳しいコンディションの中、予選ではM・マルケスが持つ1分38秒120のサーキットベストラップをブレイクする1分37秒910をマークし、決勝ではレコードラップを塗りかえた。

 決勝当日は26℃とやや気温が下がったが、優勝タイムでも初の44分台となる素晴らしい記録だった。

 予選でPPを獲得したとき、ロレンソは「多くの人にアイツは終わった。落ちぶれたと言われたが、そんな評価を覆すことが出来た」と胸を張った。

 そして決勝では、ただひとり追撃してきたマルケスを寄せ付けず、さらにチームメイトで総合首位のV・ロッシにも大量リードを築いて独走でゴールした。

「終わった」と思っているだけに、ドキリとした。

 快勝の要因はなんだったのか。

「ブレーキングが良くなった。ギリギリまでブレーキングを遅らせられたし、コーナーへの進入もスムーズでコーナーリングでもスピードを乗せられた」

 コメントは彼の走りの特徴そのもの。まさしくロレンソのストロングポイントが生きたレースだった。

 正直、僕も「ロレンソはもう終わった」と思っているひとりなだけに、予選終了後のコメントにはドキリとした。

 あれだけハッキリいうのだから、スペインはもちろんのこと、ヨーロッパでは相当辛辣な評価を受けていたのだろう。そんな悔しさを晴らすレースになったのだろうと思う。

【次ページ】 ウエットコンディションでの情けない走り。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ホルヘ・ロレンソ
マルク・マルケス
ヴァレンティノ・ロッシ

ページトップ